MotorSports

モータースポーツサイト

2012年8月16日
by admin
0 comments

TMG Toyota Yaris R1A rally 詳細が発表される

前から準備されていたToyotaのWRC参戦に向けての車両であるYaris R1Aの詳細が発表された

TMG LAUNCHES YARIS R1A

http://www.toyota-motorsport.com/en/latest-information-archive-en/266-tmg-launches-yaris-r1a

Yoshiaki Kinoshita, TMG President: “It is a great thrill for TMG to return to rallying, a discipline in which we enjoyed a great deal of success in the past. The TMG Yaris R1A is a completely different project compared to our WRC past; it is an affordable but exciting car which makes rallying’s major events accessible to a whole range of participants. We have already received numerous inquiries about this car so we know there is a huge appetite in the rally world for a new TOYOTA; I hope this is the start of a new rally dynasty at TMG.”

木下美明TMG社長
「TMGが、過去に素晴らしい成功を収めてきたラリー競技に復帰することは、とても感慨深い。TMG ヤリスR1Aは我々が過去にWRCで展開してきた内容とは全く異なるプロジェクト。入手しやすく、かつラリーのメジャーなイベントに参加することが可能というエキサイティングな車だ。既に多くの問い合わせを受けており、ラリー界が新しいトヨタを歓迎してくれていると実感できる。TMGにとって、これが新しいラリー時代の始まりとなることを期待している」

Isolde Holderied: “I am really excited to be behind the wheel of a new TOYOTA rally car again; it’s been a long time! TMG’s concept with the TMG Yaris R1A is very positive because it makes rallying more accessible to potential drivers, particularly young people. It’s great that TMG is returning to the world of rallying and I hope this demonstration at Rallye Deutschland is the start of a big future for this car. I expect to have a lot of fun.”

WRCドイツで0カーのドライバーを務めるイゾルデ・ホルデリート
「新しいトヨタのラリーマシンで再びドライバーを担当することができて、とても興奮している。本当に長かった!TMGヤリスR1Aのコンセプトはとても明確で、才能あるドライバー、特に若手に向けて門戸を広げるというもの。TMGがラリーに復帰するのは素晴らしいことだし、WRCドイツではこのマシンの大きな未来の始まりを披露したい。すごく楽しめると思う」

どれくらいの速さを示せるのか?

WRC PLUS (プラス) 2012 Vol.04 2012年 8/26号 [雑誌] モーターイラスト71 I-O DATA USB 2.0&Wi-Fi接続対応 ポータブルハードディスク 500GB WNHD-U500

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年3月29日
by admin
0 comments

TMGでWRC用のエンジン作成か?

TMGがF1用エンジン開発のピアと提携したのと同じく

どうやら今度はWRC用の1.6リットル直噴ターボエンジンを開発しているとのことで

いろいろとTMGは動いているようだ

ピアとの提携は今ひとつ状況が不透明なのでどうなるかわからないが

WRCのエンジンに関しては着々と進めているようで量産ベースのエンジンではなく

シトロエンやVWと同じように「グローバルレースエンジン(GRE)」を開発中とのこと

WTCC用にも使えるのであるか?

WRC用の車体も準備中でヴィッツをベースにするとのこと

実際に少し前にWRC復帰するのでは?との話もあったのでさていつ復帰するのか?

2013年からはVWがワークス体制で参戦するとのことなので

WRCも激化?

WRC PLUS (プラス) 2012 Vol.02 2012年 4/26号 [雑誌] WRC PLUS (プラス) 2012 Vol.01 2012年 2/27号 [雑誌] WRC 2 FIA World Rally Championship

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年3月8日
by admin
0 comments

2014年新エンジンに向けてピュアがTMGに接触

2014年から新たにエンジン規則が変わることで新規参入をしようと企んでいる

グレイブ・ポロックが設立したピュアが、TMG(http://www.toyota-motorsport.com/en/)と施設使用に関しての契約をしたとのこと

出ては消えてのピュアだったがさて今度はどうだろうか?

すでにテストを始めている、もしくは夏までにテストを開始するメーカーがあるなか新規参入で準備できるのか?

はじめはプジョーの施設を買い取って参戦する予定もうまくいっていないことからTMGとの契約した?との話だが

あまり信ぴょう性がないように思える

TMGはF1チームから色々と仕事を請け負っているが果たしてV6ターボを開発する気はあるのだろうか?

F1 (エフワン) 速報 2012年 3/22号 [雑誌] F1マシンの秘密 (図解雑学) The Complete Selection The 25th Anniversary of FUJI TELEVISION Grand Prix

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年11月7日
by admin
0 comments

Toyotaがル・マン参戦ドライバーを発表した

2012年から世界耐久選手権に参戦するToyota

車体をTMGで準備し、レース運営をオレカに任せるとの発表はあったが

ついに3人のドライバーを発表

アレックス・ブルツ: 37歳、オーストリア(http://twitter.com/#!/alex_wurz)

ニコラス・ラピエール: 27歳、フランス(http://twitter.com/#!/Nico_Lapierre)

中嶋 一貴: 26歳、日本(http://twitter.com/#!/kazuki_info)

の3人

ブルツといえば、ベネトン、マクラーレン、ウィリアムズ、ホンダと渡り歩いて

プジョーでル・マン24優勝を経験

F1後はプジョーとともに戦ってきたが、Toyotaとともに戦うようだ

ラピエールは、GP2で一貴と戦っていたのを思い出した

F1には上がれなかったが、オレカで戦ってきて

今年のセブリングでデュバルやパニスとともに優勝したからな、がんばってほしい

そして一貴は、F1で2年戦ったが、シートをなくして今年はFNとSuperGTに参戦

SuperGTでは苦戦したが、FNでは選手権2位と全戦表彰台(1回はおまけみたいだが)結果を残したということで再度ヨーロッパで戦うことになる

一応本人はアンドレが今年やったようにFNとSuperGT参戦継続を考えている

大丈夫か?

確かSuperGTのセパンと日程重なっていると思ったが…

2012年スーパーGT カレンダー(10月25日発表)
第3戦 6/9-10 セパン・インターナショナル・サーキット

2012年ル・マン24
6/16.17が決勝レース

ってことでル・マン24の場合は1週間前からいろいろとイベントがあるから、セパンは無理だろうな

アンドレもTOM’Sに残った場合は、TOM’Sはセパンどうするんだろう?

そこはTOM’Sが考えるだろうからほかって置こう

さてこれでToyotaのル・マン体制は整った

初回テストはどんな様子になるか楽しみだ

Williams Formula One Team 中嶋一貴 ル・マンに挑んだ日本車 (ル・マン24時間 1990・1992・1993) [DVD] 1990 ル・マン24時間 ル・マンに挑んだ日本車/日産、ジャガー頂上決戦 [DVD]

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年10月27日
by admin
0 comments

TOYOTAがオレカにレースオペレーションを頼む?

TOYOTAが2012年から世界耐久選手権の数戦に参戦すると発表があったが

なんとレースオペレーションにフランスのオレカと提携??

オレカといえばプジョー908 HDi FAPを走らせるなど実績は確かにあるが

なぜだ?

オレカからは

「今日はオレカにとって大きな1日だ。トヨタ・モータースポーツGmbHに選ばれたということは、ここ数年オレカが成し遂げてきたことに対する偉大な報酬だ」

「オレカは耐久レースにおいて高いレベルを証明し続け、セブリングでの勝利など、その真価を示してきた。オレカはそのノウハウのおかげで大自動車メーカーと興味深いプロジェクトのために働く機会に恵まれた」

「我々は今回の挑戦において、トヨタ・モータースポーツGmbHを支えることを誇りに思うとともに、刺激的な将来を楽しみにしている」

とのコメント

TMGではF1参戦前にル・マンに挑戦していることを考えると規模は縮小されたとはいえまだ実戦部隊が居ないわけでもないだろう、ピレリにTF109を提供していることからも、なぜTMGは自分たちでレースまでやらないのか?

不思議でならない

そしてドライバーはどうなるか?

パニスは、TOYOTAとのかかわりがあるので可能性があるが、デュバルはHondaとの兼ね合いから難しくなりそうだ

そうなるとドライバーに関してもいろいろとありそうな予感がする

今回の発表は正直なところ残念と思う部分が大きい…

どうせならTMGから1台、オレカから1台なら競争もあって面白くなったかもしれないな

そして日本のチームからも何も話がなかったのか?

1992 ル・マン24時間 ル・マンに挑んだ日本車/トヨタ、プジョー最強のV10対決 [DVD] DTM 熱狂の時代 1988-1995 [DVD] Ferrari F1 Calendar 2012

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading