MotorSports

モータースポーツサイト

2013年9月26日
by admin
0 comments

可夢偉が日本GPイベント参加へ

WEC富士の1週間前にF1日本GPが開催されることで

可夢偉が土曜日のイベントに出てくるようだ

小林可夢偉選手の来場が決定 !(鈴鹿サーキットF1ページ)

時間が書いていないのでどの時間帯に出てくるか?

それよりも可夢偉は、2014年のシートが獲得出来るのか?

フェラーリは、アロンソとキミ

ザウバーが現状どうなるかがわからない状況

ロータスはキミの抜けた穴に誰を持ってくるか?

せっかく来るのだからそこで少しでも交渉を有利にすすめて欲しいが・・・

F-1速報PLUS (プラス) VOL.34 2013年 10/21号 [雑誌] Ferrari F1 Official Calendar 2014 F1 2013

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2013年3月2日
by admin
0 comments

鈴鹿がF1日本GPの2014-2018年継続開催発表!

鈴鹿ファン感謝デーの記者会見の場で

F1日本GPの2014-2018年継続開催をすると社長が発表した

親会社のHondaが復帰との話もあったのでこれでいろいろと動きそうだ

鈴鹿サーキットFacebookリンク

鈴鹿F1サイト(http://www.suzukacircuit.jp/f1/)でも情報が出たようだ

オートスポーツ 2013年 3/15号 [雑誌] F1 (エフワン) 速報 2013年 3/21号 [雑誌] Panasonic VIERA ビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 39v型 TH-L39C60

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月9日
by admin
0 comments

2012年F1日本GP小林可夢偉ファンミーティング動画

2012年F1日本GP小林可夢偉ファンミーティング動画

10/8の鈴鹿で行ったファンミーティングの動画をアップしてくれたようだ

F1 (エフワン) 速報 2012年 10/18号 [雑誌]
F1 (エフワン) 速報 2012年 10/18号 [雑誌]

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月8日
by admin
0 comments

2012 Rd15日本GP決勝

2012 Rd15日本GP決勝

ベッテルが圧倒的なスピードを示して優勝

シンガポールから2連勝!

スタート直後にアロンソとキミが若干接触そのままアロンソは左リアタイヤをなくしてその場でストップリタイヤ

そしてまたしてもグロージャンがほかのドライバーを巻き込み混乱させた

撃墜数も凄まじい程になったようだ・・・

スポンサーがついているにしても若干この撃墜数はスポンサーにとっても良くないような印象だが残り5戦ロータスはこのまま使い続けるのだろうか?

2位表彰台は、なんとマッサ!約2年ぶりの表彰台、スタート直後の混乱に乗じて4番手にアップしてきたがそれでも2位まで上がるとは思えなかった

そして3位には、可夢偉!

スタート直後にはウェバーを抜いて2位の上がりリスタート後も2位をキープしていたが、1回目のストップ後にマッサに逆転されて3位後退

その後2セット目のハードがうまく使えなかったので早めにピットにはいり3セット目のハードに交換

4位にいたバトンは1回目のストップのあとギヤボックスの不具合を訴えて徐々に差が広がっていたが、ギヤボックスのセンサーを一部カットしたことでペースを上げて可夢偉に迫り

残り10周ほどで可夢偉とのギャップを2秒以下に縮め接近戦

可夢偉もタイヤを考えながら自己ベストを更新してバトンに応戦

最後はたった0.560秒差で表彰台獲得!

終盤36秒台を出していたのはトップの4人とソフトを履いていたブルーノと鈴鹿ラストランとなっていたミハエルだったが

すごい戦いを見せてくれた

5位にハミルトン、金曜はよかったが土曜から一変苦しい戦いに

6位キミも金曜にトラブルがあって走り込めずさらにスタート直後にパーツを飛ばしたことでペースも上がらず終わってしまった

7位はヒュルケンベルグ、フリー走行3日目にクラッシュしていたがこの位置まで来ているのには驚かされた

8位はマルドナド、久しぶりのポイント獲得

9位はウェバー、グロージャンからの接触がなければ手ごわい相手だっただろう

10位はこちらも久しぶりにリカルドがポイント獲得

11位はミハエル、鈴鹿ラストランはノーポイントになった、シンガポールでの10グリッド降格ペナルティがなければよかったのに

ポイントはアロンソがノーポイントに終わったことでベッテルとは4ポイント差に、ベッテルとレッドブルが今回見せたパフォーマンスを見るとアロンソとフェラーリは残り5戦厳しいか?

ただグロージャンという不確定要素があるのでベッテルも油断できないように思える

マクラーレンに移籍を決めたペレスは、序盤キミと1コーナーで競争するもオーバーランでコースオフ、そのあとペースを落として1回目のピット後にファステストを出して前にいたハミルトンにヘヤピンで攻めるも曲がりきれずにスピン、そのままストップすることになってしまった、5位を狙えたのに勿体なかった

ニコもアロンソ同様にスタート直後の混乱でブルーノにヒットされたようでそのままノーポイントリタイヤとなった

連戦の韓国では、各ドライバーどんな戦いを見せてくれるのか?

シート争いもマッサは一歩前進、可夢偉もこのあとの戦いで残留かほかへ移籍できるのか?ただし可夢偉をスポンサードしてくれる日本企業が現れてくれることが必要だろう

あとウェバーからWebber fumes at “first-lap nutcase” Grosjeanと呼ばれるようになってしまったグロージャンはどうなるのか?小松さんも大変だ・・・

Pos # Driver Car Laps Gap Difference Reason
1 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 53
2 6 Felipe Massa Ferrari 53 20.639 20.639
3 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 53 24.538 3.899
4 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 53 25.098 0.560
5 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 53 46.490 21.392
6 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 53 50.424 3.934
7 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 53 51.159 0.735
8 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 53 52.364 1.205
9 2 Mark Webber Red Bull-Renault 53 54.675 2.311
10 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 53 66.919 12.244
11 7 Michael Schumacher Mercedes 53 67.769 0.850
12 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 53 83.460 15.691
13 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 53 88.645 5.185
14 19 Bruno Senna Williams-Renault 53 88.709 0.064
15 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 52 1 lap 1 lap
16 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 52 1 lap 8.537
17 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 52 1 lap 40.721
18 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 52 1 lap 5.989
19 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 51 2 laps 1 lap
Not classified
25 Charles Pic Marussia-Cosworth 37 16 laps 14 laps Engine
23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 32 21 laps 5 laps Floor
15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 18 35 laps 14 laps Accident
5 Fernando Alonso Ferrari 0 53 laps 18 laps Accident
8 Nico Rosberg Mercedes 0 53 laps 18 laps Accident

2012 Japanese Grand Prix lap charts

2012 Japanese Grand Prix fastest laps

2012 Japanese GP tyre strategies and pit stops

10万3千、これ以上ない感動 可夢偉、気負わず表彰台

F1 (エフワン) 速報 2012年 10/18号 [雑誌] RACING ON 2013年 F1カレンダー(レーシングオン) Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55v型 TH-L55WT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月7日
by admin
0 comments

2012 Rd15日本GP予選

2012 Rd15日本GP予選

ベッテルが4年連続で日本GPのポール獲得

しかもただ一人30秒台に突入

次にウェバーが、レッドブルは金曜苦戦していたがきっちりを予選までにあわせてきた

3番手はバトン、ただしギヤボックス交換によって8番手からのスタートに

そんなバトンよりもハミルトンのほうが深刻なようで9番手からのスタート

4番手に入ってきたのは可夢偉!

セクタータイムを見ると若干遅いのだが、全セッション自己ベストを更新しながら通過してきたので他のドライバーがミス、または詰まった部分があったが可夢偉は上手く行ったのだろう

ペレスも6番手タイムに

5番手はグロージャン、7番手はアロンソ、8番手はキミ、10番手はヒュルケンベルグとなった

ヒュルケンベルグもFP3でのクラッシュからギヤボックス交換で5グリッド降格となった

Q3は、ラストアタックに出ていたキミがスプーンでコースオフとスピンをやってしまいイエロー区間が発生

多くのドライバーが審議対象になったが結局全員お咎めナシとなった

ベッテルがアロンソのアタックを最後で邪魔した?とのクレームが入ったため最終グリッド決定までには時間がかかった

ほかにもベルニュがセナのアタックを邪魔したため3グリッド降格と久しぶりに多くのグリッド降格があった予選になった

Driver Car Q1 Q2 (vs Q1) Q3 (vs Q2)
1 Sebastian Vettel Red Bull 1’32.608 1’31.501 (-1.107) 1’30.839 (-0.662)
2 Mark Webber Red Bull 1’32.951 1’31.950 (-1.001) 1’31.090 (-0.860)
3 Kamui Kobayashi Sauber 1’32.042 1’31.886 (-0.156) 1’31.700 (-0.186)
4 Romain Grosjean Lotus 1’32.029 1’31.988 (-0.041) 1’31.898 (-0.090)
5 Sergio Perez Sauber 1’32.147 1’32.169 (+0.022) 1’32.022 (-0.147)
6 Fernando Alonso Ferrari 1’32.459 1’31.833 (-0.626) 1’32.114 (+0.281)
7 Kimi Raikkonen Lotus 1’32.221 1’31.826 (-0.395) 1’32.208 (+0.382)
8 Jenson Button McLaren 1’33.077 1’31.772 (-1.305) 1’31.290 (-0.482)
9 Lewis Hamilton McLaren 1’33.061 1’32.121 (-0.940) 1’32.327 (+0.206)
10 Felipe Massa Ferrari 1’32.946 1’32.293 (-0.653)
11 Paul di Resta Force India 1’32.898 1’32.327 (-0.571)
12 Pastor Maldonado Williams 1’32.834 1’32.512 (-0.322)
13 Nico Rosberg Mercedes 1’33.015 1’32.625 (-0.390)
14 Daniel Ricciardo Toro Rosso 1’33.059 1’32.954 (-0.105)
15 Nico Hulkenberg Force India 1’32.828 1’32.272 (-0.556)
16 Bruno Senna Williams 1’33.405
17 Heikki Kovalainen Caterham 1’34.657
18 Timo Glock Marussia 1’35.213
19 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’33.370 1’33.368 (-0.002)
20 Pedro de la Rosa HRT 1’35.385
21 Charles Pic Marussia 1’35.429
22 Vitaly Petrov Caterham 1’35.432
23 Michael Schumacher Mercedes 1’33.349 1’32.469 (-0.880)
24 Narain Karthikeyan HRT 1’36.734

Sector times
Driver Sector 1 Sector 2 Sector 3
Sebastian Vettel 32.498 (1) 40.580 (1) 17.602 (1)
Mark Webber 32.565 (2) 40.832 (3) 17.693 (2)
Kamui Kobayashi 32.807 (5) 41.090 (6) 17.776 (9)
Romain Grosjean 33.007 (9) 40.852 (4) 17.754 (7)
Sergio Perez 32.842 (6) 41.212 (10) 17.850 (14)
Fernando Alonso 32.795 (4) 41.129 (7) 17.767 (8)
Kimi Raikkonen 32.853 (7) 41.003 (5) 17.791 (11)
Jenson Button 32.719 (3) 40.782 (2) 17.701 (3)
Lewis Hamilton 32.960 (8) 41.208 (9) 17.708 (4)
Felipe Massa 33.258 (14) 41.296 (12) 17.739 (5)
Paul di Resta 33.149 (11) 41.396 (14) 17.782 (10)
Pastor Maldonado 33.136 (10) 41.490 (16) 17.886 (17)
Nico Rosberg 33.599 (17) 41.187 (8) 17.813 (12)
Daniel Ricciardo 33.590 (16) 41.485 (15) 17.842 (13)
Nico Hulkenberg 33.153 (12) 41.263 (11) 17.856 (15)
Bruno Senna 33.164 (13) 41.646 (17) 18.010 (18)
Heikki Kovalainen 34.452 (22) 42.142 (19) 18.063 (19)
Timo Glock 34.348 (19) 42.605 (21) 18.260 (21)
Jean-Eric Vergne 33.704 (18) 41.729 (18) 17.873 (16)
Pedro de la Rosa 34.457 (23) 42.626 (22) 18.186 (20)
Charles Pic 34.387 (20) 42.722 (23) 18.320 (22)
Vitaly Petrov 34.398 (21) 42.316 (20) 18.361 (23)
Michael Schumacher 33.383 (15) 41.335 (13) 17.751 (6)
Narain Karthikeyan 34.721 (24) 43.090 (24) 18.381 (24)

Speed trap
Pos Driver Car Speed (kph/mph) Gap
1 Daniel Ricciardo Toro Rosso 311.7 (193.7)
2 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 311.6 (193.6) -0.1
3 Romain Grosjean Lotus 311.3 (193.4) -0.4
4 Jenson Button McLaren 310.7 (193.1) -1.0
5 Kimi Raikkonen Lotus 310.5 (192.9) -1.2
6 Fernando Alonso Ferrari 310.2 (192.7) -1.5
7 Michael Schumacher Mercedes 309.8 (192.5) -1.9
8 Nico Rosberg Mercedes 309.6 (192.4) -2.1
9 Mark Webber Red Bull 309.5 (192.3) -2.2
10 Kamui Kobayashi Sauber 309.3 (192.2) -2.4
11 Felipe Massa Ferrari 309.1 (192.1) -2.6
12 Sebastian Vettel Red Bull 308.9 (191.9) -2.8
13 Pastor Maldonado Williams 308.3 (191.6) -3.4
14 Sergio Perez Sauber 307.7 (191.2) -4.0
15 Paul di Resta Force India 306.9 (190.7) -4.8
16 Lewis Hamilton McLaren 306.7 (190.6) -5.0
17 Timo Glock Marussia 306.3 (190.3) -5.4
18 Bruno Senna Williams 306.2 (190.3) -5.5
19 Nico Hulkenberg Force India 305.3 (189.7) -6.4
20 Pedro de la Rosa HRT 305.0 (189.5) -6.7
21 Charles Pic Marussia 304.9 (189.5) -6.8
22 Vitaly Petrov Caterham 303.3 (188.5) -8.4
23 Heikki Kovalainen Caterham 303.0 (188.3) -8.7
24 Narain Karthikeyan HRT 301.2 (187.2) -10.5

F1 Racing [UK] October 2012 (単号) アイルトン・セナ F1カレンダー 2013(A.Senna)「Turn in」Photo by 熱田 護 Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ 50v型 TH-P50ZT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月5日
by admin
0 comments

2012 Rd15日本GPフリー走行

2012 Rd15日本GPフリー走行

フリー走行1回目はバトン、ハミルトンのマクラーレンコンビ

周回数も20周以上走行

3番手にはウェバーだが、ベッテル17番手とフリー走行1回目のレッドブルはそこそこ

4番手に来たニコだったが最後はトラブルでストップ、明日以降に影響が出ないトラブルだといいのだが

5番手に引退を表明したミハエル

6番手に可夢偉、27周と久しぶりにフリー走行1回目走れたようだ

【フリー走行1回目】
Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’34.507 20
2 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’34.740 0.233 26
3 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’34.856 0.349 24
4 8 Nico Rosberg Mercedes 1’35.059 0.552 18
5 7 Michael Schumacher Mercedes 1’35.122 0.615 20
6 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’35.199 0.692 27
7 6 Felipe Massa Ferrari 1’35.283 0.776 24
8 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’35.299 0.792 18
9 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’35.474 0.967 22
10 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’35.478 0.971 24
11 5 Fernando Alonso Ferrari 1’35.484 0.977 26
12 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’35.584 1.077 24
13 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’35.691 1.184 22
14 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’35.724 1.217 21
15 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’36.123 1.616 19
16 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’36.222 1.715 25
17 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’36.366 1.859 23
18 19 Valtteri Bottas Williams-Renault 1’36.389 1.882 24
19 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’37.716 3.209 17
20 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’38.295 3.788 23
21 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’38.616 4.109 25
22 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’39.043 4.536 25
23 20 Giedo van der Garde Caterham-Renault 1’39.374 4.867 22
24 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’39.688 5.181 19

フリー走行2回目はウェバーがトップでベッテル3番手とレッドブルが32秒台へ入れてきてハミルトンが2番手にくるもバトンは7番手

プログラムの違いとこのフリー走行2回目もたくさんのマシンが走行していたので、アタックタイミングが良くなかったのか?

開始早々にディレスタがスプーン入り口で、中盤にも同じところでミハエルが飛び出したりしていたので西コースフリー走行3回目以降みんなどう攻めていくか?

130RでDRSを作動させるのかも注目か?

【フリー走行2回目】
Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’32.493 34
2 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’32.707 0.214 32
3 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’32.836 0.343 37
4 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’32.987 0.494 30
5 5 Fernando Alonso Ferrari 1’33.093 0.600 28
6 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’33.107 0.614 35
7 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’33.349 0.856 22
8 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’33.499 1.006 32
9 6 Felipe Massa Ferrari 1’33.614 1.121 32
10 7 Michael Schumacher Mercedes 1’33.750 1.257 13
11 8 Nico Rosberg Mercedes 1’33.866 1.373 19
12 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’33.903 1.410 36
13 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’33.983 1.490 33
14 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’34.291 1.798 12
15 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’34.300 1.807 33
16 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’34.863 2.370 32
17 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’35.080 2.587 34
18 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’35.711 3.218 41
19 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’35.870 3.377 37
20 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’36.194 3.701 32
21 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’36.636 4.143 28
22 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’37.342 4.849 30
23 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’37.701 5.208 35
24 11 Paul di Resta Force India-Mercedes No time 2

【フリー走行3回目】
Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’32.136 17
2 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’32.371 0.235 20
3 6 Felipe Massa Ferrari 1’32.824 0.688 13
4 7 Michael Schumacher Mercedes 1’32.918 0.782 23
5 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’32.920 0.784 19
6 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’32.924 0.788 15
7 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’33.008 0.872 21
8 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’33.025 0.889 14
9 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’33.094 0.958 17
10 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’33.160 1.024 16
11 5 Fernando Alonso Ferrari 1’33.184 1.048 14
12 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’33.224 1.088 15
13 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’33.569 1.433 16
14 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’33.722 1.586 18
15 8 Nico Rosberg Mercedes 1’33.899 1.763 23
16 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’33.984 1.848 19
17 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’34.023 1.887 19
18 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’34.369 2.233 11
19 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’35.568 3.432 19
20 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’36.355 4.219 18
21 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’36.389 4.253 11
22 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’36.517 4.381 18
23 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’36.649 4.513 12
24 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’36.875 4.739 16

Combined practice times

Pos Driver Car FP1 FP2 FP3 Fri/Sat diff Total laps
1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’36.366 1’32.836 1’32.136 -0.7 77
2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’34.856 1’32.493 1’32.371 -0.122 78
3 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’34.740 1’32.707 1’33.569 +0.862 74
4 Felipe Massa Ferrari 1’35.283 1’33.614 1’32.824 -0.79 69
5 Michael Schumacher Mercedes 1’35.122 1’33.750 1’32.918 -0.832 56
6 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’35.584 1’33.903 1’32.920 -0.983 79
7 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’35.199 1’33.983 1’32.924 -1.059 75
8 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’35.474 1’32.987 1’34.369 +1.382 63
9 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’35.724 1’33.107 1’33.008 -0.099 77
10 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’34.507 1’33.349 1’33.025 -0.324 56
11 Fernando Alonso Ferrari 1’35.484 1’33.093 1’33.184 +0.091 68
12 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’35.299 1’33.094 -2.205 37
13 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’35.478 1’34.300 1’33.160 -1.14 73
14 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’35.691 1’34.291 1’33.224 -1.067 49
15 Bruno Senna Williams-Renault 1’33.499 1’33.984 +0.485 51
16 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’36.222 1’35.080 1’33.722 -1.358 77
17 Nico Rosberg Mercedes 1’35.059 1’33.866 1’33.899 +0.033 60
18 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’36.123 1’34.863 1’34.023 -0.84 70
19 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’35.711 1’35.568 -0.143 60
20 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’38.295 1’35.870 1’36.355 +0.485 78
21 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’37.716 1’36.194 1’36.389 +0.195 60
22 Valtteri Bottas Williams-Renault 1’36.389 24
23 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’38.616 1’36.636 1’36.517 -0.119 71
24 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’39.043 1’37.701 1’36.649 -1.052 72
25 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’39.688 1’37.342 1’36.875 -0.467 65
26 Giedo van der Garde Caterham-Renault 1’39.374 22

F1 Racing [UK] October 2012 (単号) アイルトン・セナ F1カレンダー 2013(A.Senna)「Turn in」Photo by 熱田 護 Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ 50v型 TH-P50ZT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月4日
by admin
0 comments

ミハエルが2度目の引退を発表したようだ

日本GP木曜日

ミハエルが2度目の引退を発表したようだ

ザウバーのシートに興味があるとの話もあったり

フェラーリに復帰?などの噂もあったが

やはり大方の予想通りに今シーズンをもって2度目の引退となったようだ

これで明日からの日本GPで最後のようだ

鈴鹿でどんな走りを見せてくれるか?

ただ10グリッド降格ペナルティは痛い・・・

Michael Schumacher announces second F1 retirement

Mercedes AMG

Michael Schumacher to retire at the end of 2012

Michael Schumacher’s retirement speech in full

ミハエル・シューマッハ伝説 『F1史上最高7度のチャンピオンに輝いた男』

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年9月13日
by admin
0 comments

ピレリが日本GP、韓国GP、インドGPのスペックを発表

ピレリが日本GPからの3戦の投入スペックを発表

Circuit 2012 Option 2012 Prime 2011 Option 2011 Prime
Melbourne Soft Medium Soft Hard
Sepang Medium Hard Soft Hard
Shanghai Soft Medium Soft Hard
Bahrain Soft Medium No race No race
Catalunya Soft Hard Soft Hard
Monte-Carlo Super-soft Soft Super-soft Soft
Montreal Super-soft Soft Super-soft Soft
Valencia Soft Medium Soft Medium
Silverstone Soft Hard Soft Hard
Hockenheimring Soft Medium No race No race
Hungaroring Soft Medium Super Soft Soft
Spa-Francorchamps Medium Hard Soft Medium
Monza Medium Hard Soft Medium
Singapore Super Soft Soft Super Soft Soft
Suzuka Soft Hard Soft Medium
Korea Super Soft Soft Super soft Soft
Buddh Soft Hard Soft Hard

日本GPにハードを持ってくるようだ

西コース改修で路面が舗装されたことからの投入か?

そうなると若干ソフトが・・・のような気もする

韓国とインドは2011年と同じスペックのようだが、ともにレースをしていないサーキットで2012年用のタイヤはレースにどういった影響を及ぼすか?

F-1速報PLUS (プラス) VOL.30 2012年 10/21号 [雑誌]

F1 (エフワン) 速報 2012年 9/27号 [雑誌] F1 Racing [UK] September 2012 (単号)

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年1月17日
by admin
0 comments

鈴鹿サーキットから日本GPチケット概要が発表された

鈴鹿サーキットからF1日本GPのチケット発売に関しての概要が発表されたようだ

F1ページhttp://www.suzukacircuit.jp/f1/

F1チケットページhttp://www.suzukacircuit.jp/ticket_s/2012/f1/index.html

リリースはもう少しいろいろと情報が載っているようなので

リリースも確認するといいのかもしれない

リリースページhttp://www.mobilityland.co.jp/pressroom/suzuka/

F1 (エフワン) 速報 2012年 2/13号 [雑誌] The Official Formula 1 Season Review 2011 F1モデリング vol.49

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年10月7日
by admin
0 comments

F1 2011 Rd15日本GPフリー走行

F1 2011 Rd15日本GPフリー走行

日本GPフリー走行が終了した

バトンが1,2回目トップを出した

フリー走行久しぶりに順調のマクラーレン

一方レッドブルはベッテルが3番手だが

フリー走行1回目は、最後にデグナーで飛び出して若干クラッシュしてしまった

それでも、130RでDRSをあけてきたのはさすが

調子がいいのがトロ・ロッソ

ルノーも苦しいように見えたがそれでもシンガポールよりもいいようだ

メルセデスの方が若干苦戦していたがさて予選でどこまであがってくるか?

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:33.634 223.265 20
2 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:33.725 0.091 18
3 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:34.090 0.456 22
4 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:34.372 0.738 24
5 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:34.426 0.792 25
6 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:34.937 1.303 23
7 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:35.585 1.951 27
8 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:35.590 1.956 25
9 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:36.033 2.399 22
10 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:36.370 2.736 18
11 9 B.セナ BRA Renault PI 1:36.487 2.853 18
12 14 N.ヒュルケンバーグ GER Force India Mercedes PI 1:36.700 3.066 21
13 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:36.948 3.314 24
14 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:36.949 3.315 22
15 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:37.103 3.469 29
16 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:38.197 4.563 18
17 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:38.331 4.697 11
18 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:38.446 4.812 8
19 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:39.168 5.534 10
20 20 K.チャンドク IND Lotus Renault PI 1:39.946 6.312 22
21 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:40.872 7.238 13
22 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:41.019 7.385 24
23 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:41.106 7.472 25
24 23 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI 1:41.775 8.141 25

2回目は、ハミルトンが若干トラブルで出遅れたようだ

マクラーレンとしてはバトンがトップを出してくれてよかったか?

オプションとプライムは1.9秒ほどタイムアップしたが、途中の無線でタイムを気にしていたようでさてどっちをメインに使用するのか?

可夢偉は、オプションでタイムを出しに行ったときに130Rで踏みすぎて危うくクラッシュするところだったがなんとか立て直したが、大丈夫だったか?

ウィリアムズは、1回目でマルドナドが途中止め、2回目も止めてしまった

バリチェロもクラッシュしてしまったことで相当苦しいフリー走行になってしまっがようで、さてキミがウィリアムズと接触しているとの噂があるがどうなるか?

リウッツィも早々に止めてしまったのは辛いようだ

バトンが31秒台を出したが、さて予選どこまでタイムが上がってくるだろうか?

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:31.901 227.475 32
2 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:32.075 0.174 33
3 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:32.095 0.194 35
4 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:32.147 0.246 28
5 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:32.448 0.547 34
6 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:32.710 0.809 26
7 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:32.982 1.081 27
8 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:33.245 1.344 26
9 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:33.446 1.545 36
10 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:33.681 1.780 33
11 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:33.705 1.804 25
12 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:33.790 1.889 36
13 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:34.393 2.492 35
14 9 B.セナ BRA Renault PI 1:34.557 2.656 27
15 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:34.601 2.700 33
16 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:36.038 4.137 33
17 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:36.225 4.324 35
18 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:37.123 5.222 14
19 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:37.440 5.539 30
20 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:38.093 6.192 30
21 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:38.387 6.486 16
22 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:38.763 6.862 36
23 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:39.800 7.899 24
24 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 1:42.480 10.579 4

F1 GRAND PRIX 2011 Vol.2 Round.5-9 [DVD] F1 LEGENDS HONDA [DVD] SPARK 1/43 Sauber C30 Ferrari No16 China GP 2011 Kamui.Kobayashi

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading