MotorSports

モータースポーツサイト

2012年6月6日
by admin
0 comments

IndyCarロータスエンジン車は苦戦

1.5マイルオーバルのテキサスでロータスエンジン搭載マシンである

HVMレーシングにエンジン性能の違いから

グラックフラッグが振られるだろうとのことだ

理由としては

Hondaとシボレーエンジンと比較をすると

インディ500では17マイル(時速27km程度)も遅く105%圏外となっていたようで

ロードとストリートコースではそれほど違いは見られなかったが

全開のオーバルトラックではまた、スピードの違いが現れるとのことから

Indycarシリーズのレースディレクターを務めるボー・バーフィールドから

「そうだね。おそらく(黒旗は)振られるだろう」
「我々はロータスと問題解決に向けて働いている。この件について頑張ってはいるが、テキサスは難しいトラックだ。ここでレースをすれば、トラックを去らなければいけないと思う。彼らには同情するし、彼らと働きたいが、安全はすべてに優先されるからね」

とコメント

ロータスエンジンは相当厳しいようだ

今シーズン中に性能をどれだけHondaとシボレーに迫ってこれるのだろうか?

オーバルでのレースが少なくなってきたことはロータスエンジン側にとっては救いだったのだろうか?

オートスポーツ 2012年 6/21号 [雑誌] WRC PLUS (プラス) 2012 Vol.03 2012年 6/26号 [雑誌] Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55v型 TH-L55DT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading