MotorSports

モータースポーツサイト

2013年5月24日
by admin
0 comments

2013 GP2 モナコ レース1は1コーナーでいきなり・・・

GP2のレースは、相変わらず荒れるが

2013年のモナコGPでも安定した、クラッシュ多発

スタート直後の1コーナーで止まれずそのままクラッシュ、後続車を巻き込みいきなり赤旗を出したようだ

残念だ

GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2013年 06月号 [雑誌] オートスポーツ 2013年 6/7号 [雑誌] Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 42v型 TH-L42DT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年5月28日
by admin
0 comments

2012 Rd06モナコGP決勝

2012 Rd06モナコGP決勝

スタート直後に…

GP2と同じような状態になるとは、好調に見えたグロージャンがスタートでミス

中央に寄せてアロンソと軽く接触はじかれたところに左から来ていたミハエルとさらに接触してスピン

後ろから来ていた可夢偉は、避けようと動いたのにグロージャンはブレーキを踏んでいなかったのか避けたほうへ戻ってきて接触…

中を舞ってしまいマシンにダメージを負い数周するもリタイヤへ

グロージャンもそのままリタイヤして、後続もマルドナドが追突終わってしまった

レースは、雨が来ることを待っていたスーパーソフト勢はなるべく引っ張っていたがさすがに待ちきれずに25周あたりから続々ピットへ

もっとも上位6台は7番手走行中のキミが、ピットからの指示でペースが上がらない中ステイアウトし続けなければならなくスペースを与えたことで上手くやれたようだが、ロータスは見誤った

この後も雨を心配した各チームはそのまま1ストップの戦略しかとれず

順位はほぼそのまま、ピットイン前にペースを抑えていたアロンソがウェバーとニコが入った周に一気にペースアップしてハミルトンの前で合流と、ベッテルがソフトでスタートし引っ張ったことでこちらもハミルトンの前に出られた

アップしたのはこの2人ぐらいだっただろうか?

早目に動いたベルニュは途中までポイントを取れる位置を走っていたが最後数周の雨でギャンブル失敗

圏外に落ちてしまった

失敗だったのはロータスのキミ、またされ続けて前を走っていたミハエルがトラブルでストップ、ベルニュがミスしたことで何とかポイントを取れたがもったいなかった…

あとモナコ来てからまったく調子がよくなかったのが、バトン

ずっとコバライネンの後ろで上位にいけず無理して接触リタイヤしてしまった

ペレスも最後尾からスタート上げていけるかと思われたが結局接触などでペナルティを受けてファステストを出すもポイント圏外となった

最後の雨でウェバー以下ベッテル4台が1.343と接近戦を演じたが結局そのままゴール

ウェバーが2012シーズン初勝利

これで6戦6人目の優勝者が生まれた

マッサまでが、あまり動かずに上手くやったレースだったようだ

ラップチャート

http://www.f1fanatic.co.uk/2012/05/27/2012-monaco-grand-prix-lap-chart/

タイヤストラテージ、ピットストップ

http://www.f1fanatic.co.uk/2012/05/27/2012-monaco-grand-prix-tyre-strategies-pit-stops/

ファステストラップ、ラップタイム

http://www.f1fanatic.co.uk/2012/05/27/2012-monaco-grand-prix-fastest-laps/

写真

http://www.f1fanatic.co.uk/2012/05/27/2012-monaco-grand-prix-pictures/

Pos # Driver Car Laps Gap Difference Reason
1 2 Mark Webber Red Bull-Renault 78
2 8 Nico Rosberg Mercedes 78 0.643 0.643
3 5 Fernando Alonso Ferrari 78 0.947 0.304
4 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 78 1.343 0.396
5 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 78 4.101 2.758
6 6 Felipe Massa Ferrari 78 6.195 2.094
7 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 78 41.537 35.342
8 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 78 42.562 1.025
9 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 78 44.036 1.474
10 19 Bruno Senna Williams-Renault 78 44.516 0.480
11 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 77 1 lap 1 lap
12 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 77 1 lap 34.649
13 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 77 1 lap 5.772
14 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 77 1 lap 4.250
15 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 76 2 laps 1 lap
16 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 70 8 laps 6 laps
Not classified
16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 65 13 laps 5 laps Accident
25 Charles Pic Marussia-Cosworth 64 14 laps 1 lap Electrics
7 Michael Schumacher Mercedes 63 15 laps 1 lap Fuel pressure
21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 15 63 laps 48 laps Electrics
14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 5 73 laps 10 laps Accident
10 Romain Grosjean Lotus-Renault 0 78 laps 5 laps Accident
18 Pastor Maldonado Williams-Renault 0 78 laps 5 laps Accident
22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 0 78 laps 5 laps Accident

F-1速報PLUS (プラス) VOL.26 2012年 6/21号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 06月号 [雑誌] I-O DATA テレビチューナー搭載 IEEE802.11n準拠 300Mbps(規格値) 無線LANルーター WN-G300TVGR

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年5月27日
by admin
1 Comment

2012 Rd06モナコGP予選

2012 Rd06モナコGP予選

Q1でペレスがフリー走行と同じところで接触して赤旗で開始した予選

フリー走行では調子のよかったロータスだったが予選が始まると「?」

なかなか調子が上がらず、Q1は最後にスーパーソフトを投入してキミとグロージャンは通過

それでもQ3まで2台とも残りグロージャンはS1全体ベストでトップを狙えるかと思われたが

S2でミスったようで結局5番手、キミはフリー走行1回目が走れなかったことを考えると苦しみながらの8番手はまずまずか?

逆にフリー走行ではあまり目立たなかったメルセデス勢が

なんとミハエルが最後にトップタイムをたたき出して69回目のポールを獲得

前戦のペナルティがあるので5グリッド降格だが、驚かされた

ニコも3番手とメルセデス勢決勝どうだろう?

驚かされたというとウェバーの2番手もそうだが、開幕からずっと苦しんできたフェラーリのマッサがQ2トップタイムを出してQ3でもアロンソから0.1秒まで接近7番手と意外だった

可夢偉は、調子がいいのかな?とも思えたがQ2は接戦でQ1で出したタイムを更新したが、突破できなかった

ソフトスタートで1ストップ作戦を行なってくるだけソフトを持たせることが出来るのか?

ベッテルもQ3アタックしなかったので1ストップをやるのでは?と予想されているが…

1ストップか雨を予想してフリー走行3回目はあまり目立った様子がなかったウィリアムズはどうするのか?

マルドナドはフリー走行3回目でペレスとの接触で10グリッド降格なのでやる?

あとは気になるとしたらマッサがQ2でイエロー区間を減速していなかったがあれはお咎めナシなのだろうか?

決勝6人目の優勝者が生まれるのか?それとも2勝目を上げるドライバーが出てくるか?

注目

Pos. Driver Team Q1 time Q2 time Q3 time
01 Michael Schumacher Mercedes AMG 1.15.873 1.15.062 1.14.301
02 Mark Webber Red Bull Renault 1.16.013 1.15.035 1.14.381
03 Nico Rosberg Mercedes AMG 1.15.900 1.15.022 1.14.448
04 Lewis Hamilton McLaren Mercedes 1.16.063 1.15.166 1.14.583
05 Romain Grosjean Lotus Renault 1.15.718 1.15.219 1.14.639
06 Fernando Alonso Ferrari 1.16.153 1.15.128 1.14.948
07 Felipe Massa Ferrari 1.15.983 1.14.911 1.15.049
08 Kimi Raikkonen Lotus Renault 1.15.889 1.15.322 1.15.199
09 Pastor Maldonado Williams Renault 1.16.017 1.15.026 1.15.245
10 Sebastian Vettel Red Bull Renault 1.15.757 1.15.234 -. .—
 —————- ————— ———- ———- ———-
11 Nico Hulkenberg Force India Mercedes 1.15.418 1.15.421
12 Kamui Kobayashi Sauber Ferrari 1.15.648 1.15.508
13 Jenson Button McLaren Mercedes 1.16.399 1.15.536
14 Bruno Senna Williams Renault 1.15.923 1.15.709
15 Paul di Resta Force India Mercedes 1.16.062 1.15.718
16 Daniel Ricciardo Toro Rosso Ferrari 1.16.360 1.15.878
17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso Ferrari 1.16.491 1.16.885
 —————- ————— ———- ———- ———-
18 Heikki Kovalainen Caterham Renault 1.16.538
19 Vitaly Petrov Caterham Renault 1.17.404
20 Timo Glock Marussia Cosworth 1.17.947
21 Pedro de la Rosa HRT F1 Cosworth 1.18.096
22 Charles Pic Marussia Cosworth 1.18.476
23 Narain Karthikeyan HRT F1 Cosworth 1.19.310
24 Sergio Perez Sauber Ferrari -. .—

F-1速報PLUS (プラス) VOL.26 2012年 6/21号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 06月号 [雑誌] Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55v型 TH-L55DT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年5月24日
by admin
0 comments

2012 Rd06モナコGPフリー走行

2012 Rd06モナコGPフリー走行

フリー走行1回目は

アロンソがトップタイム、マッサが6番手とフェラーリが以外に上位にいるが、果たして調子いいのか?

2番手にはグロージャン、終始上位で走行していたのでロータスはモナコGP期待したいが、キミが1周のチェック走行のみであとはガレージで作業だけにおわったのでキミとしては不満が残ったか?

3番手にはペレス、昨年予選でクラッシュしたが、それまでは常に上位にいたのでこのあとどうなっていくか?

可夢偉も7番手と、あまり期待せずにいつもどおりといった様子か?

4番手はハミルトン、バトンは8番手と抑え気味か?周回数もそれほど多くない

5番手にマルドナド、市街地は強いが、この間の優勝でもう一つ手ごわくなったのか?

9番手にはベッテル、13番手はウェバーとレッドブルはまだいろいろと悩んでいるところがあるのだろうか?

10番手はニコで11番手はミハエルと、メルセデスも…マシンはあっているとコメントがあったが、結構タイヤをロックさせるシーンがあったので苦戦必死?

トロロッソの2台は精力的に走っていたがタイムを出すといった感じではなかったのかな

最後に少し変更してアタックに行こうとしていたドライバーたちにとってはラスト10分でトンネル入口から出口までコバライネンのエンジンが壊れたことで大量に巻かれてしまったオイルの関係から赤旗、そのまま終了で試せなかったドライバーもいるので、もう少し違ったのかもしれない

フリー走行2回目は、順位がどれだけ変わってくるか?

Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 5 Fernando Alonso Ferrari 1’16.265 22
2 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’16.630 0.365 17
3 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’16.711 0.446 19
4 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’16.747 0.482 12
5 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’16.760 0.495 20
6 6 Felipe Massa Ferrari 1’16.843 0.578 19
7 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’17.038 0.773 21
8 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’17.190 0.925 13
9 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’17.222 0.957 14
10 8 Nico Rosberg Mercedes 1’17.261 0.996 18
11 7 Michael Schumacher Mercedes 1’17.413 1.148 14
12 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’17.631 1.366 18
13 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’18.106 1.841 14
14 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’18.209 1.944 25
15 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’18.252 1.987 28
16 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’18.302 2.037 16
17 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’18.617 2.352 20
18 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’19.039 2.774 20
19 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’19.341 3.076 16
20 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’20.838 4.573 26
21 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’20.895 4.630 18
22 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’21.638 5.373 9
23 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’22.423 6.158 15
24 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault No time 1

フリー走行2回目は、ドライで始まるもすぐにウェットとなり

トップタイムを出したのはちょうどクリアラップでSSを履いてアタックしたバトンが15秒台に入れてきた

大きく遅れているがマッサが3番手タイムを出したのは驚きだ

ウェットでのタイムがどれくらいで走れていたのかわからないが、改善してきたのだろうか?

フリー走行1回目では、チエック走行後にステアリングを丸々取り替えたキミはフリー走行2回目は25周走行するも、ウェットで満足行く走行ではなかったか?

あとは雨で多くのドライバーがミラボーに駐車していたが、新しい特殊舗装でクラッシュはなかった

予選決勝では、雨の予報らしいが、さてタイヤは持つのか?

そして晴れた場合は、SSの周回数が取れていないようなので、土曜フリー走行3回目で試せるか?

Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’15.746 17
2 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’16.138 0.392 19
3 6 Felipe Massa Ferrari 1’16.602 0.856 21
4 5 Fernando Alonso Ferrari 1’16.661 0.915 23
5 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’16.820 1.074 20
6 8 Nico Rosberg Mercedes 1’17.021 1.275 15
7 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’17.148 1.402 23
8 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’17.153 1.407 22
9 7 Michael Schumacher Mercedes 1’17.293 1.547 11
10 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’17.303 1.557 21
11 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’17.375 1.629 19
12 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’17.395 1.649 21
13 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’17.655 1.909 18
14 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’17.800 2.054 25
15 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’18.251 2.505 24
16 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’18.440 2.694 25
17 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’18.522 2.776 22
18 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’18.808 3.062 26
19 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’19.267 3.521 25
20 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’19.309 3.563 29
21 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’20.029 4.283 13
22 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’20.240 4.494 21
23 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’20.631 4.885 12
24 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’20.886 5.140 10

フリー走行写真

【可夢偉レポート】モナコGP DAY1(P1&P2)

フリー走行3回目

Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 8 Nico Rosberg Mercedes 1’15.159 25
2 6 Felipe Massa Ferrari 1’15.197 0.038 21
3 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’15.209 0.050 20
4 5 Fernando Alonso Ferrari 1’15.210 0.051 20
5 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’15.445 0.286 18
6 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’15.471 0.312 19
7 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’15.734 0.575 19
8 7 Michael Schumacher Mercedes 1’15.893 0.734 23
9 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’16.110 0.951 14
10 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’16.219 1.060 19
11 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’16.226 1.067 20
12 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’16.301 1.142 21
13 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’16.311 1.152 19
14 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’16.479 1.320 20
15 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’17.027 1.868 20
16 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’17.055 1.896 26
17 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’17.276 2.117 25
18 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’17.390 2.231 19
19 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’17.404 2.245 22
20 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’18.259 3.100 18
21 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’18.488 3.329 22
22 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’19.099 3.940 17
23 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’19.147 3.988 19
24 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’19.151 3.992 19

マルドナドはペレスとの接触で10グリッド降格ペナルティを受けた

F-1速報PLUS (プラス) VOL.26 2012年 6/21号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 06月号 [雑誌] SONY BRAVIA 55V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX850 KDL-55HX850

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年4月4日
by admin
0 comments

ピレリがバーレーン、スペイン、モナコのタイヤを発表

ピレリがバーレーン以降3戦のタイヤを発表

バーレーン:soft、medium

スペイン:soft、Hard

モナコ:Supersoft、soft

スペインでのsoftとHardの使い方がどうなるか

2011年は大きな差が出来たからどうなるか?

しかも各チームスペインGPにはいろいろとアップデートをしてくるので勢力図がまた変わってくるか?

F-1速報PLUS (プラス) VOL.24 2012年 4/30号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 04月号 [雑誌] Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400 ブラック QE-PL201-K

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年5月30日
by admin
0 comments

F1 2011 Rd06モナコGP決勝

モナコGP決勝

優勝したのは残り6周で赤旗中断

結局その間に全ドライバーがタイヤを交換したことで結局優勝したのは

モナコ初制覇のベッテル、これでシーズン5勝目とポイントで大幅にリードすることに

2位にアロンソ、3位バトンとなった、予選で失敗がなければハミルトンも絡んでこれたか?ただハミルトンは、ヘヤピンでマッサと、最後1コーナーでマルドナドとの接触でペナルティをうけてしまったのでアグレッシブすぎたか、もったいない

4位にはラスト2周で可夢偉を強引に抜き去ったウェバー

5位に自己最高位に入った可夢偉、赤旗中断がなければタイヤの状況から4位が可能だっただろう残念

ただはじめのSCがはいったときにピットでミスがありスーティルに前にいかれたことで、苦しい状況になった今後ピットストップでのミスをしないことがますます重要になりそうだ

6位はハミルトン、最後の接触でレース後ペナルティ20秒加算だったがスーティルが周回遅れだったため実質不利益ではなかった

しかし赤旗中断中にマシンの修復やタイヤの交換が出来るのはどうかと思う

ハミルトンやスーティルは特に赤旗中断で儲けた2人だろう

P No. Driver Nat. Car Tyre Lap GoalTime/Delay km/h /Retired Pit
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 78 2:09:38.373 120.574 1
2 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 78 1.138 2
3 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 78 2.378 3
4 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 78 23.101 2
5 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 78 26.916 1
6 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 78 27.210 3
7 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 77 1 Lap 2
8 9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 77 1 Lap 2
9 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 77 1 Lap 2
10 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 77 1 Lap 2
11 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 76 2 Lap 3
12 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 76 2 Lap 3
13 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 76 2 Lap 2
14 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 76 2 Lap 2
15 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 75 3 Lap 2
16 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 75 3 Lap 1
17 22 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI 74 4 Lap 2
18 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 73 5 lap アクシデント 2
10 V.ペトロフ RUS Renault PI 67 11 lap アクシデント 1
19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 66 12 lap アクシデント 2
6 F.マッサ BRA Ferrari PI 32 46 lap アクシデント 1
7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 32 46 lap エアボックスファイア 2
24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 30 48 lap 1

オートスポーツ 2011年

6/9号 [雑誌]
オートスポーツ 2011年 6/9号 [雑誌]

F1 (エフワン) 速報

2011年 6/16号 [雑誌]
F1 (エフワン) 速報 2011年 6/16号 [雑誌]

F-1速報PLUS(プラス) vol.18

2011年 6/20号 [雑誌]
F-1速報PLUS(プラス) vol.18 2011年 6/20号 [雑誌]

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年5月29日
by admin
0 comments

F1 2011 Rd06モナコGP予選

モナコGP予選

ポールはベッテルがコースレコードで獲得

2番手には、バトンと2人だけが13秒台へ

Q2までは、がんばっていたフェラーリだったが結局0.9秒離されて4番手からスタートと

レッドブルとマクラーレンとの差はまだあるようだ

ペレスがQ3進出したが、フリー走行でリウッツィやニコがクラッシュした箇所で大クラッシュをしてしまい

赤旗ペレスはそのまま病院に搬送されたが、マシンも大破し入院、決勝には出場できないこととなった

ハミルトンは最後にアタックをしようと考えていたがペレスのクラッシュによる赤旗で残り2分半ではさすがにタイムが出せなかったようで7番手にただしショートカットをしていたことで結局ノータイムとなり9番手からのスタートになった

可夢偉はフリー走行から苦戦していたことで13番手に

ルノーもモナコでは苦戦していたようでペトロフとニックともに中段からのスタートになった

あと予選1度も走行できなかったHRTだったが、なんと決勝は走れるようにFIAにお願いしたところ出走許可が下りたとのことだ

さすがにモナコで予選落ちを言い渡せなかったのか?ただフリー走行で107%ルール適応のタイムに達していなかったらしくよかったかは疑問

可夢偉の予選インタビュー

予選画像

P No. Driver Nat. Car Tyre First Time Second Time Third Time Km/h / Behind Lap
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:15.606 1:14.277 1:13.556 163.467 18
2 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:15.397 1:14.545 1:13.997 0.441 18
3 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:16.087 1:14.742 1:14.019 0.463 24
4 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:16.051 1:14.569 1:14.483 0.927 22
5 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:16.092 1:14.981 1:14.682 1.126 29
6 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:16.309 1:14.648 1:14.877 1.321 25
7 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:15.207 1:14.275 1:15.280 1.724 15
8 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:15.858 1:14.741 1:15.766 2.210 26
9 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:15.819 1:15.545 1:16.528 2.972 23
10 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:15.918 1:15.482 23
11 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:16.378 1:15.815 21
12 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:16.616 1:15.826 20
13 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:16.513 1:15.973 20
14 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:16.813 1:16.118 22
15 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:16.600 1:16.121 19
16 9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 1:16.681 1:16.214 22
17 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:16.358 1:16.300 17
18 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:17.343 10
19 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:17.381 9
20 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:17.820 9
21 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:17.914 12
22 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:18.736 11
22 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI
23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI

F-1速報PLUS(プラス)

vol.18 2011年 6/20号 [雑誌]
F-1速報PLUS(プラス) vol.18 2011年 6/20号 [雑誌]

GRAND PRIX Special

2011年 06月号 [雑誌]
GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2011年 06月号 [雑誌]

F1 RACING 2011

6月情報号 (SAN-EI MOOK)
F1 RACING 2011 6月情報号 (SAN-EI MOOK)

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年5月28日
by admin
0 comments

F1 2011 Rd06モナコGPフリー走行3回目

モナコGPフリー走行3回目

アロンソがトップとなりバトンとともに14秒台へ突入

7番手のウェバーまで15秒台と他を圧倒

メルセデスはニコが開始早々にトンネル出口のシケイン手前

木曜フリー走行でリウッツィと同じ場所でクラッシュ

バンプがありマシンが激しくピッチングを起こしリアタイヤが若干ロック横滑りを起こし右のガードレールに接触

本コースとエスケープを仕切る部分をわずかにかすめて本コースでストップ

激しいクラッシュだったが、ニコは無事にマシンを降りた

可夢偉は14番手と10番手のペレスから0.6秒と苦戦

フリー走行3回目まではフェラーリの勢いがあるようだが、レッドブルとマクラーレンはまだタイムが伸びそうだ

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:14.433 161.541 18
2 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:14.996 0.563 17
3 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:15.024 0.591 19
4 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:15.245 0.812 18
5 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:15.310 0.877 21
6 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:15.386 0.953 14
7 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:15.529 1.096 19
8 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:16.617 2.184 13
9 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:16.736 2.303 14
10 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:16.821 2.388 19
11 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:16.990 2.557 20
12 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:17.196 2.763 12
13 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:17.333 2.900 17
14 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:17.403 2.970 17
15 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:17.779 3.346 17
16 9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 1:17.880 3.447 17
17 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:18.069 3.636 17
18 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:18.115 3.682 19
19 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:18.580 4.147 20
20 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:18.808 4.375 20
21 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:19.259 4.826 19
22 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 1:20.115 5.682 15
23 22 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI 1:20.278 5.845 16
24 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 3

F-1速報PLUS(プラス)

vol.18 2011年 6/20号 [雑誌]
F-1速報PLUS(プラス) vol.18 2011年 6/20号 [雑誌]

GRAND PRIX Special

2011年 06月号 [雑誌]
GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2011年 06月号 [雑誌]

F1 RACING 2011

6月情報号 (SAN-EI MOOK)
F1 RACING 2011 6月情報号 (SAN-EI MOOK)

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年5月27日
by admin
0 comments

F1 2011 Rd06モナコGPフリー走行1,2回目

F1 2011 Rd06モナコGPフリー走行

フリー走行の様子

1回目はベッテルがトップになるも同僚ウェバーがトラブルでほとんど走れなかった

2位は0.1秒送れてアロンソとこの2人が16秒台突入

マッサも4番手とフリー走行では久しぶりに上位に

マクラーレンの2台も続く

3番手はニコだが、ミハエルは途中1コーナーでミスをし、クラッシュ

ほかにもリウッツィがトンネル出口でミスりシケインでクラッシュしていた

また途中にホームストレート途中に水が染み出しその対応で赤旗中断したがあまり影響はなかったようだ

影響と言えばGP前に1コーナー手前でトラックが炎上し再舗装し油が浮いてくるのでは?と言われていたが大丈夫だったようだ

【フリー走行1回目】

Pos. Car Driver Car Best lap Gap
1 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’16.619 25
2 5 Fernando Alonso Ferrari 1’16.732 0.113 24
3 8 Nico Rosberg Mercedes 1’17.139 0.520 20
4 6 Felipe Massa Ferrari 1’17.316 0.697 24
5 3 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’17.350 0.731 23
6 4 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’17.534 0.915 24
7 12 Pastor Maldonado Williams-Cosworth 1’18.527 1.908 30
8 15 Adrian Sutil Force India-Mercedes 1’18.578 1.959 24
9 10 Vitaly Petrov Renault 1’18.733 2.114 16
10 7 Michael Schumacher Mercedes 1’18.805 2.186 14
11 9 Nick Heidfeld Renault 1’18.928 2.309 19
12 18 Sebastien Buemi Toro Rosso-Ferrari 1’19.234 2.615 24
13 11 Rubens Barrichello Williams-Cosworth 1’19.395 2.776 24
14 19 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’19.463 2.844 25
15 16 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’19.768 3.149 25
16 17 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’19.792 3.173 26
17 20 Heikki Kovalainen Lotus-Renault 1’20.083 3.464 23
18 21 Jarno Trulli Lotus-Renault 1’21.116 4.497 27
19 14 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’21.548 4.929 32
20 25 Jerome d’Ambrosio Virgin-Cosworth 1’21.758 5.139 31
21 24 Timo Glock Virgin-Cosworth 1’21.815 5.196 17
22 23 Vitantonio Liuzzi HRT-Cosworth 1’22.840 6.221 3
23 22 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’23.885 7.266 37
24 2 Mark Webber Red Bull-Renault 3

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading