MotorSports

モータースポーツサイト

2013年7月31日
by admin
0 comments

F1開催各GPの駆け引きがいろいろと激しいな

インドGPの2014年開催がなくなったことが

決まったようだがすぐに2015年には復活するとのこと

Indian Grand Prix dropped from Formula 1 in 2014, but back for 2015

なんで?2014年は、なくなって2015年に復活するとの理由は

どうやら開催時期を現在の10月から3月に移動させるとのことで

2014年10月に開催した場合、次の2015年3月に開催すると6ヶ月未満のため開催時期が短すぎていろいろと厳しいため

2014年は回避されたようだ…

ただインドGPが3月に移動するということは

現在3月に開催されているGPのオーストラリア、マレーシア、中国、バーレーンのどこかがレース開催できなくなるのか?

それともこれらの開催レースを10月のどこかで開催するのか?

2013年は、シンガポール、韓国、日本の順番で開催されているが、ここにマレーシアか中国を持ってくるのか?

それともバーレーンの情勢を考えてバーレーンを外してくるか?

中国を10月に移動と予想したけども、DTMが秋に中国でレースを考えているから同じタイミングでレースをするのはあまりメリットがないかもしれない

今後も色々とありそうだ

そんな中ハンガリーGPが開催契約を更新したようなのだ

夏休み期間中にほかのGPからも契約更新などの話も出てくるのだろうか?

F1 (エフワン) 速報 2013年 8/29号 [雑誌] オートスポーツ 2013年 8/23号 [雑誌] Panasonic VIERA ビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55v型 TH-L55FT60

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年7月31日
by admin
0 comments

2012 Rd11ハンガリーGP決勝

2012 Rd11ハンガリーGP決勝

スタートでミハエルがストップしたことで

1周少なくなった決勝レース

のちにミハエルのぼんミスとのことだったらしいが

決勝レースは、ハミルトンが今シーズン2勝目を上げた

2位には、キミ

スタートで少し後退したが2回目のピット前に数周最速を出して終盤ハミルトンから1秒以内で追走していたが、結局前に出られなかった

早く勝ちたいところだろう夏休み開けのスパでやってくれるか?

3位は、フロントロースタートのグロージャン、序盤はハミルトンからそれほど離さないでついていったがキミの2ストップ後に抜かれて後退

終盤ベッテルと争っていたが、ベッテルが3回目のストップを行ったことで

なんとか逃げ切った

5位はアロンソ、すぐ前にいたウェバーが終盤トラブルにより3回目のピットインでアロンソにとっては厳しいレースだったが5位で満足だったように思える

バトンは、ドイツでの勢いのまま行きたかったように思えるが7位がいいところか

もう少しかかりそうだ

9位はマッサ、フェラーリが契約オプション行使していないとこととが伝わってもう少し前に行っておきたかったように思えるが、どうなる?

10位はニコ、メルセデスはここにきて完全にトップから置いていかれる印象だが、夏休みで巻き返せるか?

ザウバーの2台はいいところなく、ハンガリーGPを終えた

可夢偉はスタートで押し出されて後退、序盤そうそうにタイヤ交換を行い2セット目のミディアムでロングランをおこない徐々に順位を戻してきたが

結局最後はトラブルでリタイヤ、ドイツでは4位、6位だったザウバーも残念

日本GPに向けてのパーツがどこかで先行投入されるのか?それとも若干停滞気味に進んでいくのだろうか?注目

Pos # Driver Car Laps Gap Difference Reason
1 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 69
2 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 69 1.032 1.032
3 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 69 10.518 9.486
4 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 69 11.614 1.096
5 5 Fernando Alonso Ferrari 69 26.653 15.039
6 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 69 30.243 3.590
7 19 Bruno Senna Williams-Renault 69 33.899 3.656
8 2 Mark Webber Red Bull-Renault 69 34.458 0.559
9 6 Felipe Massa Ferrari 69 38.350 3.892
10 8 Nico Rosberg Mercedes 69 51.234 12.884
11 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 69 57.283 6.049
12 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 69 62.887 5.604
13 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 69 63.606 0.719
14 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 69 64.494 0.888
15 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 68 1 lap 1 lap
16 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 68 1 lap 20.237
17 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 68 1 lap 36.014
18 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 67 2 laps 1 lap
19 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 67 2 laps 103.074
20 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 67 2 laps 22.624
21 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 66 3 laps 1 lap
22 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 66 3 laps 0.465
Not classified
23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 60 9 laps 6 laps Suspension
7 Michael Schumacher Mercedes 58 11 laps 2 laps Retired

tyre strategies and pit stops

Hungarian Grand Prix lap chart

Hungarian Grand Prix fastest laps

Pen (ペン) 2012年 8/15号 [雑誌] F1モデリング vol.51 F1 (エフワン) 速報 2012年 9/6号 [雑誌]

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年7月29日
by admin
0 comments

2012 Rd11ハンガリーGP予選

2012 Rd11ハンガリーGP予選

ハミルトンが2番手のグロージャンに0.4秒差をつけてのポール獲得

3番手はベッテル

ただレッドブルは、エンジンマッピングの変更に

さらには予選前にライドハイトを変更する装置が本来であれば工具を使って変更するところを、手で変更できることがわかり違反とされていろいろと苦しいようだ

4番手はバトン、徐々に上向き?といいたいがハミルトンに比べるとまだまだか

5番手にはキミ、悩んでいたセッティングがなんとかなりそうだ、といわれていたがどこかでミスをしたのだろうか

もったいなかった

6,7番手にフェラーリの2台、アロンソは少しでも前でゴールしてポイント差をつめられないような戦いか?

8,9番手にウィリアムズ、特殊セッティングがあるらしいがさて決勝でのロングランもいいのか?

ザウバーは…ハンガリーはポイントが取れるかといったところのようだ

セクター順位を見ると悪いから、スピードもいつもだともっと上にあるのに…

夏休み前に誰が勝つか?

Driver Car Q1 Q2 (vs Q1) Q3 (vs Q2)
1 Lewis Hamilton McLaren 1’21.794 1’21.060 (-0.734) 1’20.953 (-0.107)
2 Romain Grosjean Lotus 1’22.755 1’21.657 (-1.098) 1’21.366 (-0.291)
3 Sebastian Vettel Red Bull 1’22.948 1’21.407 (-1.541) 1’21.416 (+0.009)
4 Jenson Button McLaren 1’22.028 1’21.618 (-0.410) 1’21.583 (-0.035)
5 Kimi Raikkonen Lotus 1’22.234 1’21.583 (-0.651) 1’21.730 (+0.147)
6 Fernando Alonso Ferrari 1’22.095 1’21.598 (-0.497) 1’21.844 (+0.246)
7 Felipe Massa Ferrari 1’22.203 1’21.534 (-0.669) 1’21.900 (+0.366)
8 Pastor Maldonado Williams 1’22.475 1’21.504 (-0.971) 1’21.939 (+0.435)
9 Bruno Senna Williams 1’22.271 1’21.697 (-0.574) 1’22.343 (+0.646)
10 Nico Hulkenberg Force India 1’22.176 1’21.653 (-0.523) 1’22.847 (+1.194)
11 Mark Webber Red Bull 1’22.829 1’21.715 (-1.114)
12 Paul di Resta Force India 1’21.912 1’21.813 (-0.099)
13 Nico Rosberg Mercedes 1’22.079 1’21.895 (-0.184)
14 Sergio Perez Sauber 1’22.110 1’21.895 (-0.215)
15 Kamui Kobayashi Sauber 1’22.801 1’22.300 (-0.501)
16 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 1’22.799 1’22.380 (-0.419)
17 Michael Schumacher Mercedes 1’22.436 1’22.723 (+0.287)
18 Daniel Ricciardo Toro Rosso 1’23.250
19 Heikki Kovalainen Caterham 1’23.576
20 Vitaly Petrov Caterham 1’24.167
21 Charles Pic Marussia 1’25.244
22 Timo Glock Marussia 1’25.476
23 Pedro de la Rosa HRT 1’25.916
24 Narain Karthikeyan HRT 1’26.178

【Sector times】

Driver Sector 1 Sector 2 Sector 3
Lewis Hamilton 28.986 (1) 29.254 (2) 22.650 (1)
Romain Grosjean 29.251 (12) 29.224 (1) 22.843 (5)
Sebastian Vettel 29.064 (3) 29.364 (4) 22.855 (7)
Jenson Button 29.040 (2) 29.400 (6) 22.928 (11)
Kimi Raikkonen 29.100 (6) 29.420 (7) 22.881 (8)
Fernando Alonso 29.080 (4) 29.371 (5) 22.969 (12)
Felipe Massa 29.183 (9) 29.516 (12) 22.835 (4)
Pastor Maldonado 29.190 (10) 29.508 (11) 22.719 (3)
Bruno Senna 29.139 (7) 29.451 (9) 22.923 (9)
Nico Hulkenberg 29.149 (8) 29.335 (3) 22.924 (10)
Mark Webber 29.091 (5) 29.632 (15) 22.716 (2)
Paul di Resta 29.195 (11) 29.532 (13) 22.997 (14)
Nico Rosberg 29.324 (14) 29.479 (10) 22.983 (13)
Sergio Perez 29.342 (15) 29.436 (8) 22.852 (6)
Kamui Kobayashi 29.381 (16) 29.582 (14) 23.161 (16)
Jean-Eric Vergne 29.489 (17) 29.859 (17) 23.032 (15)
Michael Schumacher 29.322 (13) 29.787 (16) 23.262 (17)
Daniel Ricciardo 29.658 (20) 30.197 (18) 23.395 (19)
Heikki Kovalainen 29.617 (18) 30.411 (19) 23.389 (18)
Vitaly Petrov 29.638 (19) 30.642 (20) 23.625 (20)
Charles Pic 30.463 (21) 30.800 (21) 23.845 (21)
Timo Glock 30.507 (22) 30.844 (22) 23.975 (22)
Pedro de la Rosa 30.578 (24) 31.265 (23) 24.027 (23)
Narain Karthikeyan 30.522 (23) 31.431 (24) 24.161 (24)

【Speed trap】

Pos Driver Car Speed (kph/mph) Gap
1 Paul di Resta Force India 305.2 (189.6)
2 Jean-Eric Vergne Toro Rosso 304.9 (189.5) -0.3
3 Fernando Alonso Ferrari 303.1 (188.3) -2.1
4 Sebastian Vettel Red Bull 303.1 (188.3) -2.1
5 Nico Hulkenberg Force India 302.7 (188.1) -2.5
6 Bruno Senna Williams 302.6 (188.0) -2.6
7 Jenson Button McLaren 302.6 (188.0) -2.6
8 Lewis Hamilton McLaren 302.3 (187.8) -2.9
9 Heikki Kovalainen Caterham 301.8 (187.5) -3.4
10 Kimi Raikkonen Lotus 301.7 (187.5) -3.5
11 Nico Rosberg Mercedes 301.4 (187.3) -3.8
12 Felipe Massa Ferrari 301.4 (187.3) -3.8
13 Sergio Perez Sauber 301.0 (187.0) -4.2
14 Daniel Ricciardo Toro Rosso 301.0 (187.0) -4.2
15 Mark Webber Red Bull 300.6 (186.8) -4.6
16 Vitaly Petrov Caterham 300.2 (186.5) -5.0
17 Romain Grosjean Lotus 300.2 (186.5) -5.0
18 Michael Schumacher Mercedes 299.9 (186.3) -5.3
19 Kamui Kobayashi Sauber 297.3 (184.7) -7.9
20 Pastor Maldonado Williams 295.8 (183.8) -9.4
21 Pedro de la Rosa HRT 294.5 (183.0) -10.7
22 Narain Karthikeyan HRT 292.6 (181.8) -12.6
23 Timo Glock Marussia 292.0 (181.4) -13.2
24 Charles Pic Marussia 290.3 (180.4) -14.9

F1モデリング vol.51 F1 (エフワン) 速報 2012年 8/2号 [雑誌] Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ 65v型 TH-P65ZT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年7月28日
by admin
0 comments

2012 Rd11ハンガリーGPフリー走行

2012 Rd11ハンガリーGPフリー走行

フリー走行1回目は

ハミルトン、バトンが22秒台にいれてマクラーレンがトップ

始めほとんど走っていなかったアロンソが3番手としっかりタイムを出してきた

気になるところでは、レッドブルがエンジンマッピングを変更してきたことで

スピード的にアドバンテージが減るのか?との疑問が上がっていたが

ウェバーが13番手、ベッテル15番手

仕様を変更したので、まずはチェックといったところか?

予選決勝でのペースがきになるところ

ウィリアムズのボッタスがマルドナドよりもタイムを出してきていることで

ブルーノとマルドナドにとっては…

優勝はしたが、いいところのないマルドナドも安心できないように思える

グロックは、序盤ピットでマシンをいろいろといじっていたようなので、マルシャ大丈夫か?

Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’22.821 30
2 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’22.922 0.101 24
3 5 Fernando Alonso Ferrari 1’23.397 0.576 24
4 8 Nico Rosberg Mercedes 1’23.628 0.807 29
5 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’23.633 0.812 24
6 7 Michael Schumacher Mercedes 1’23.845 1.024 26
7 6 Felipe Massa Ferrari 1’23.904 1.083 25
8 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’23.983 1.162 24
9 19 Valtteri Bottas Williams-Renault 1’24.152 1.331 24
10 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’24.268 1.447 27
11 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’24.300 1.479 23
12 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’24.394 1.573 19
13 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’24.546 1.725 24
14 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’24.559 1.738 22
15 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’24.608 1.787 25
16 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’25.354 2.533 25
17 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’25.559 2.738 27
18 12 Jules Bianchi Force India-Mercedes 1’25.715 2.894 26
19 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’26.440 3.619 27
20 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’26.705 3.884 23
21 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’26.755 3.934 28
22 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’27.015 4.194 24
23 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’27.101 4.280 21
24 23 Dani Clos HRT-Cosworth 1’28.176 5.355 24

フリー走行2回目は、始めた頃はドライだったが途中から雨になったようで

それまでにタイムを出していたハミルトンの21秒がトップ

僅差でキミが来て、ブルーノが3番手と若干驚き

フェラーリがマッサ4番手でアロンソ5番手とマクラーレンとフェラーリの争いなっていくのか?

ただマッサとしてはフェラーリがマッサの2013年オプションを行使しなかったとの話があることで

フェラーリのシート争いが夏休み前のハンガリーでどういった影響を及ぼすか?

予選決勝いろいろとありそうな予感がする

Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’21.995 20
2 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’22.180 0.185 20
3 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’22.253 0.258 34
4 6 Felipe Massa Ferrari 1’22.417 0.422 29
5 5 Fernando Alonso Ferrari 1’22.582 0.587 22
6 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’22.747 0.752 17
7 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’22.794 0.799 23
8 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’22.824 0.829 18
9 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’22.922 0.927 12
10 7 Michael Schumacher Mercedes 1’23.160 1.165 19
11 8 Nico Rosberg Mercedes 1’23.164 1.169 29
12 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’23.337 1.342 26
13 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’23.713 1.718 26
14 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’23.814 1.819 17
15 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’23.841 1.846 28
16 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’24.328 2.333 25
17 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’24.345 2.350 28
18 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’24.623 2.628 23
19 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’24.823 2.828 30
20 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’25.220 3.225 30
21 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’27.104 5.109 28
22 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’27.106 5.111 19
23 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’27.185 5.190 24
24 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’27.822 5.827 20

Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’21.550 27
2 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’21.643 0.093 17
3 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’21.671 0.121 29
4 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’21.876 0.326 22
5 5 Fernando Alonso Ferrari 1’21.884 0.334 13
6 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’21.953 0.403 20
7 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’22.110 0.560 24
8 6 Felipe Massa Ferrari 1’22.136 0.586 15
9 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’22.191 0.641 20
10 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’22.233 0.683 24
11 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’22.381 0.831 21
12 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’22.387 0.837 20
13 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’22.492 0.942 26
14 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’22.530 0.980 25
15 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’22.597 1.047 23
16 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’22.716 1.166 24
17 7 Michael Schumacher Mercedes 1’22.868 1.318 30
18 8 Nico Rosberg Mercedes 1’22.931 1.381 30
19 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’24.036 2.486 20
20 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’24.547 2.997 18
21 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’25.224 3.674 22
22 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’25.497 3.947 21
23 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’26.785 5.235 20
24 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’26.898 5.348 26

【Combined practice times】

Pos Driver Car FP1 FP2 FP3 Fri/Sat diff Total laps
1 Mark Webber Red Bull-Renault 1’24.546 1’23.814 1’21.550 -2.264 68
2 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’22.821 1’21.995 1’21.643 -0.352 67
3 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’24.608 1’22.824 1’21.671 -1.153 72
4 Bruno Senna Williams-Renault 1’22.253 1’21.876 -0.377 56
5 Fernando Alonso Ferrari 1’23.397 1’22.582 1’21.884 -0.698 59
6 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’23.983 1’22.180 1’21.953 -0.227 64
7 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’23.633 1’22.922 1’22.110 -0.812 60
8 Felipe Massa Ferrari 1’23.904 1’22.417 1’22.136 -0.281 69
9 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’24.559 1’22.794 1’22.191 -0.603 65
10 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’22.922 1’22.747 1’22.233 -0.514 65
11 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’24.300 1’23.337 1’22.381 -0.956 70
12 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’24.394 1’23.841 1’22.387 -1.454 67
13 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’25.559 1’24.328 1’22.492 -1.836 78
14 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’23.713 1’22.530 -1.183 51
15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’24.268 1’24.623 1’22.597 -1.671 73
16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’25.354 1’24.345 1’22.716 -1.629 77
17 Michael Schumacher Mercedes 1’23.845 1’23.160 1’22.868 -0.292 75
18 Nico Rosberg Mercedes 1’23.628 1’23.164 1’22.931 -0.233 88
19 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’26.755 1’25.220 1’24.036 -1.184 78
20 Valtteri Bottas Williams-Renault 1’24.152 24
21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’26.440 1’24.823 1’24.547 -0.276 75
22 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’26.705 1’27.185 1’25.224 -1.481 69
23 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’27.015 1’27.104 1’25.497 -1.518 73
24 Jules Bianchi Force India-Mercedes 1’25.715 26
25 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’27.101 1’27.106 1’26.785 -0.316 60
26 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’27.822 1’26.898 -0.924 46
27 Dani Clos HRT-Cosworth 1’28.176 24

F1 (エフワン) 速報 2012年 8/2号 [雑誌] トヨタがF1から学んだこれだけのこと F1 2012

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年8月2日
by admin
0 comments

F1 2011Rd11ハンガリーGP決勝

F1 2011Rd11ハンガリーGP決勝

バトンが自身の200戦記念に見事優勝

バトンがとく意図するコンディションだったか

2位はベッテル、ポールスタートも、スタートでハミルトンに先行されるとすぐにバトンにも抜かれ苦しい展開

夏休み前に勝ってもう一度流れを引き戻したかったがさてベルギーGPからもう一度仕切りなおしができるか?

3位はアロンソ、4位はハミルトン、スタートからトップを走っていたが終盤の雨でのタイヤ交換と途中スピンをしたことで他のドライバーに不利益を及ぼしたと判断されてペナルティを受けてしまった

途中までは1,2体制だったマクラーレンとしては、もったいなかったか

5位はウェバー、6位マッサとなっている

可夢偉は、難しいコンディションのなかポイント圏内を走行していたが、なぜ義務のなくなったオプション側(SS)を残り35周もあるなか装着したのか?フリー走行からあまりよくなかったオプションなら3回目をもう少し早めに入れればまた変わっただろうにもったいない

可夢偉の機嫌が悪かったのもうなずける

タイヤを温存させていたブエミとアルグエルスアリのトロ・ロッソは上手くいったか

一方のウィリアムズは、2人ともオプションタイヤを温存したのに低迷、今シーズンの開発はもうあきらめたか?

あとはニックの原因だが、長くストップしたことで温度が上昇したためとのことだが、ルノーは大丈夫か?

代表からは、ニックが原因と発言されていたが、マシン側の問題のように感じてならない

そうなると今回のことを理由にこの夏休み中、シートが入れ替わっているのかもしれない…

P No. Driver Nat. Car Tyre Lap GoalTime/Delay km/h /Retired Pit
1 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 70 3
2 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 70 3.5 3
3 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 70 19.8 4
4 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 70 48.3 6
5 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 70 49.7 5
6 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 70 83.1 4
7 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 69 1L 3
8 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 69 1L 3
9 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 69 1L 4
10 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 69 1L 3
11 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 69 1L 3
12 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 69 1L 4
13 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 68 2L 5
14 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 68 2L 4
15 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 68 2L 4
16 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 68 2L 5
17 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 66 4L 3
18 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 66 4L 3
19 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 65 5L 4
20 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 65 5L 5
20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 55 15L 5
7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 25 44L 2
9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 23 47L 2
21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 17 53L 1

F1 戦略の方程式  世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21) F-1速報PLUS(プラス) vol.19 2011年 8/20号 2011年 8/21号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2011年 08月号 [雑誌]

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年7月31日
by admin
0 comments

F1 2011Rd11ハンガリーGP予選

F1 2011Rd11ハンガリーGP予選

気温が例年よりも低く各チーム苦しんでいるなか

ベッテルが久しぶりにポール獲得

さて夏休み前にもう一度勢いを取り戻したい考えだろう

2番手ハミルトンは最後にミスをしての2番手といったところになるが、ドイツGPから勢いがいい

3番手に200戦目のバトン

初優勝もハンガリーだったのでさて決勝どうなるか?

久しぶりにマッサがアロンソの前からスタートするがさてスタートでアロンソを先行させるかそれとも前3台に襲い掛かるか?

6番手のウェバーは若干失敗したのだろうか?

7-10位は、タイヤ温存でほとんど走行せず

オプションを温存したのは、ウィリアムズの2台と5グリッド降格ペナルティが決まっていたブエミ

さて決勝タイヤ温存して上にいけるのか?

可夢偉は、13番手からスタートで少しでも順位を上げるか?それともタイヤのもちを生かしてピット回数を減らして上位進出を目指すか?

P No. Driver Nat. Car Tyre First Time Second Time Third Time Km/h / Behind Lap
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:21.740 1:21.095 1:19.815 197.601 14
2 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:21.636 1:21.105 1:19.978 0.163 12
3 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:22.038 1:20.578 1:20.024 0.209 15
4 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:22.130 1:21.099 1:20.350 0.535 15
5 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:21.578 1:20.262 1:20.365 0.550 15
6 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:22.208 1:20.890 1:20.474 0.659 16
7 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:22.996 1:21.243 1:21.098 1.283 12
8 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:22.237 1:22.000 1:21.445 1.630 19
9 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:22.876 1:21.852 1:21.907 2.092 17
10 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:23.067 1:22.157 16
11 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:22.976 1:22.256 13
12 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:23.070 1:22.284 14
13 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:23.278 1:22.435 16
14 9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 1:23.024 1:22.470 14
15 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:23.075 1:22.684 16
16 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:23.285 1:22.979 10
17 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:23.847 9
18 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:24.070 9
19 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:24.362 8
20 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:24.534 7
21 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:26.294 10
22 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 1:26.323 11
23 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:26.479 11
24 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:26.510 8

F1 戦略の方程式  世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21) GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2011年 08月号 [雑誌] F-1速報PLUS(プラス) vol.19 2011年 8/20号 2011年 8/21号 [雑誌]

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年7月31日
by admin
0 comments

F1 2011Rd11ハンガリーGPフリー走行3回目

F1 2011Rd11ハンガリーGPフリー走行3回目

3回目は、前日からセッティングを変更してきたベッテルがトップに

フリー走行1,2回で遅れをとっていたことで大幅に変更したとのことで

本来禁止されている夜間の作業を行って変更してきたようだが、トップに来たことでやってよかったか

アロンソ、バトン、ウェバーが0.5秒以内で続いているが、ハミルトンがブレーキを変更したことでどうやら大きく遅れたようだが、問題ないのだろう

可夢偉としては、ルノーとフォースインディアとの戦いになるようだ

しかしこれだけタイム差があると、決勝どれだけ周回遅れにされるか…

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:21.168 194.308 17
2 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:21.469 0.301 13
3 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:21.639 0.471 14
4 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:21.645 0.477 18
5 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:22.002 0.834 14
6 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:22.534 1.366 22
7 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:22.667 1.499 14
8 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:23.037 1.869 19
9 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:23.175 2.007 19
10 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:23.276 2.108 18
11 9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 1:23.281 2.113 13
12 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:23.375 2.207 18
13 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:23.626 2.458 25
14 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:23.663 2.495 17
15 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:23.894 2.726 17
16 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:23.966 2.798 18
17 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:23.998 2.830 15
18 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:25.061 3.893 19
19 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:25.141 3.973 20
20 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:25.501 4.333 20
21 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:26.955 5.787 20
22 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:26.991 5.823 19
23 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:27.174 6.006 16
24 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 1:27.713 6.545 20

Red Bull Formula 1 Car Manual: An Insight into the Technology, Engineering, Maintenance and Operation of Red Bull Racing (Owner's Workshop Manual) F1 戦略の方程式  世界を制したブリヂストンのF1タイヤ (角川oneテーマ21) F1 2011 (VIP PASS CODE 同梱)

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年7月30日
by admin
0 comments

F1 2011Rd11ハンガリーGPフリー走行

F1 2011Rd11ハンガリーGPフリー走行

どうやらハンガリーGPも気温が低い状態の中フリー走行が終了したようで

ハミルトンが1,2回目ともにトップタイムを出した

そこから0.5,0.6以内にトップ争いをしている

アロンソ、ベッテル、ウェバー、バトンが続き

若干遅れてマッサとメルセデスのニコとミハエルが続く

それ以降は大きく遅れをとっている状態で

フォースインディア、ザウバーが若干上でルノー、ウィリアムズ、トロロッソと

ここ最近の流れのままか?

フォースインディアが前回のドイツGPから調子が上がってきたのだろうか?今後ザウバーにとっては嫌な相手になるか?

土曜日以降は、2連敗中のレッドブルが、やり返してくるか?

フリー走行1回目

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:23.350 189.221 19
2 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:23.564 0.214 24
3 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:23.642 0.292 29
4 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:23.666 0.316 12
5 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:23.772 0.422 20
6 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:24.115 0.765 25
7 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:24.250 0.900 22
8 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:24.369 1.019 20
9 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:24.620 1.270 24
10 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:25.093 1.743 22
11 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:25.113 1.763 21
12 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:25.336 1.986 22
13 14 N.ヒュルケンバーグ GER Force India Mercedes PI 1:25.357 2.007 17
14 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:25.836 2.486 24
15 9 B.セナ BRA Renault PI 1:25.855 2.505 25
16 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:25.890 2.540 28
17 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:26.099 2.749 36
18 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:26.124 2.774 25
19 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:26.878 3.528 26
20 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:27.352 4.002 21
21 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:28.533 5.183 30
22 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:28.903 5.553 22
23 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 1:29.059 5.709 24
24 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:29.904 6.554 26

フリー走行2回目

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:21.018 194.667 29
2 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:21.259 0.241 40
3 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:21.322 0.304 34
4 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:21.508 0.490 35
5 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:21.549 0.531 31
6 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:22.099 1.081 40
7 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:22.121 1.103 36
8 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:22.440 1.422 36
9 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:22.835 1.817 40
10 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:22.981 1.963 37
11 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:23.030 2.012 34
12 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:23.399 2.381 37
13 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:23.679 2.661 34
14 9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 1:23.861 2.843 28
15 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:24.181 3.163 39
16 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:24.182 3.164 26
17 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:24.546 3.528 21
18 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:24.878 3.860 35
19 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:24.994 3.976 38
20 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:25.447 4.429 39
21 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:26.823 5.805 33
22 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:27.261 6.243 28
23 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:27.730 6.712 31
24 23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 1:28.255 7.237 25

F1 (エフワン) 速報 2011年 8/4号 [雑誌] オートスポーツ 2011年 8/4号 [雑誌] F-1速報PLUS(プラス) vol.19 2011年 8/20号 2011年 8/21号 [雑誌]

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading