MotorSports

モータースポーツサイト

2013年7月31日
by admin
0 comments

F1開催各GPの駆け引きがいろいろと激しいな

インドGPの2014年開催がなくなったことが

決まったようだがすぐに2015年には復活するとのこと

Indian Grand Prix dropped from Formula 1 in 2014, but back for 2015

なんで?2014年は、なくなって2015年に復活するとの理由は

どうやら開催時期を現在の10月から3月に移動させるとのことで

2014年10月に開催した場合、次の2015年3月に開催すると6ヶ月未満のため開催時期が短すぎていろいろと厳しいため

2014年は回避されたようだ…

ただインドGPが3月に移動するということは

現在3月に開催されているGPのオーストラリア、マレーシア、中国、バーレーンのどこかがレース開催できなくなるのか?

それともこれらの開催レースを10月のどこかで開催するのか?

2013年は、シンガポール、韓国、日本の順番で開催されているが、ここにマレーシアか中国を持ってくるのか?

それともバーレーンの情勢を考えてバーレーンを外してくるか?

中国を10月に移動と予想したけども、DTMが秋に中国でレースを考えているから同じタイミングでレースをするのはあまりメリットがないかもしれない

今後も色々とありそうだ

そんな中ハンガリーGPが開催契約を更新したようなのだ

夏休み期間中にほかのGPからも契約更新などの話も出てくるのだろうか?

F1 (エフワン) 速報 2013年 8/29号 [雑誌] オートスポーツ 2013年 8/23号 [雑誌] Panasonic VIERA ビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55v型 TH-L55FT60

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2013年7月30日
by admin
0 comments

2014年カレンダーからインドGPがなくなるのか?

2014年のF1開催に関して

現状新規開催や、継続開催などをみると

22戦まで膨れ上がってしまう状態だったが

ここにきてインドGPの開催が危ういとの話があるようだ

F1 Indian GP unlikely for 2014, says Bernie Ecclestone

インドGPや韓国GPが契約から外れるとのうわさがあったようだが

先にインドGPの開催が危うくなるのか・・・

関税やビザに関しての手続きがいろいろと問題になっていたので

そこらへんの折り合いもうまくいっていないのだろうか?

F1 Racing [UK] July 2013 (単号) F1マネー&サイエンス Vol.2 (サンエイムック) F1 2013

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月30日
by admin
0 comments

2012 Rd17インドGP決勝

2012 Rd17インドGP決勝

ベッテルが後半一気に4連勝

2位はアロンソ、スタート直後にバトンとハミルトンを交わして3番手に上がったあとは終盤ウェバーがKERSを使えなくなったところで2番手に浮上

貴重なポイントを獲得したが、ベッテルとの差はまた広がった

3位はなんとかウェバー、ラストハミルトンの追い上げを交わした

5位はバトン

6位はマッサ、7位キミとピットストップ後にマッサを交わしたキミだったがすぐに抜き返され結局最後までマッサの後ろで終えてしまった

可夢位は、いいところなく14位でレースを終えた

17番手でハードタイヤスタートも前をリカルドに蓋をされた格好となり、ソフトに交換してトップとあまり変わらないペースで走れていたが結局・・・

予選での失敗がいたかったか

8番手スタートしたペレスも早々と1回目のストップを行い上位を目指していたが、リカルド?だったかを抜いた後にフロントウイングとリアタイヤを接触させてしまい

ピットに戻るも結局リタイヤしてしまった

メルセデスがノーポイントに終わったのでメルセデスとのポイント差が開かなかったが残り3戦でザウバーはメルセデスを追い抜けるのか?

後ろからフォースインディアが迫っているのでどうなる?

Pos # Driver Car Laps Gap Difference Reason
1 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 60
2 5 Fernando Alonso Ferrari 60 9.437 9.437
3 2 Mark Webber Red Bull-Renault 60 13.217 3.780
4 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 60 13.909 0.692
5 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 60 26.266 12.357
6 6 Felipe Massa Ferrari 60 44.674 18.408
7 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 60 45.227 0.553
8 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 60 54.998 9.771
9 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 60 56.103 1.105
10 19 Bruno Senna Williams-Renault 60 74.975 18.872
11 8 Nico Rosberg Mercedes 60 81.694 6.719
12 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 60 82.815 1.121
13 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 60 86.064 3.249
14 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 60 86.495 0.431
15 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 59 1 lap 1 lap
16 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 59 1 lap 0.589
17 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 59 1 lap 10.045
18 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 59 1 lap 8.671
19 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 59 1 lap 10.178
20 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 58 2 laps 1 lap
21 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 58 2 laps 40.199
22 7 Michael Schumacher Mercedes 55 5 laps 3 laps
Not classified
22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 42 18 laps 13 laps Brakes
15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 20 40 laps 22 laps Damage

2012 Indian Grand Prix tyre strategies and pit stops

2012 Indian Grand Prix fastest laps

2012 Indian Grand Prix lap charts

F1 (エフワン) 速報 2012年 11/8号 [雑誌]

GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 11月号 [雑誌] Ferrari F1 Calendar 2013 Kindle Fire HD 16GB

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月28日
by admin
0 comments

2012 Rd17インドGP予選

2012 Rd17インドGP予選

ベッテルがポール獲得、フリー走行1回目からずっとトップを守っている

ウェバーが2番手とレッドブルが圧倒的か?

ハミルトンとバトンが3,4番手

アロンソ、マッサが5,6番手と

レッドブル、マクラーレン、フェラーリが綺麗に分かれた

その後ろにキミが続いてきたが、キミは決勝でどういったレースを見せるのか?

8番手はペレス、フリー走行1回目走れなかったが一発のタイムは出してきた

可夢位が17番手なのですごいな・・・

マルドナドが9番手、フリー走行ではブルーノが調子よかったのに意外だ

調子が良かったといえばフォースインディアのヒュルケンベルグとディ・レスタもQ2で落ちたのは意外だった

さて決勝は、タイヤが結構持つようなので1ストップが多いとの予想もあるのでどうなるか?

Pos. Driver Team Q1 time Q2 time Q3 time
01 Sebastian Vettel Red Bull Renault 1:26.387 1:25.435 1:25.283
02 Mark Webber Red Bull Renault 1:26.744 1:25.610 1:25.327
03 Lewis Hamilton McLaren Mercedes 1:26.516 1:25.816 1:25.544
04 Jenson Button McLaren Mercedes 1:26.564 1:25.467 1:25.659
05 Fernando Alonso Ferrari 1:26.829 1:25.834 1:25.773
06 Felipe Massa Ferrari 1:26.939 1:26.111 1:25.857
07 Kimi Raikkonen Lotus Renault 1:26.740 1:26.101 1:26.236
08 Sergio Perez Sauber Ferrari 1:27.179 1:26.076 1:26.360
09 Pastor Maldonado Williams Renault 1:26.048 1:25.983 1:26.713
10 Nico Rosberg Mercedes AMG 1:26.458 1:25.976 -. .—
 —————- ————— ———- ———- ———-
11 Romain Grosjean Lotus Renault 1:26.897 1:26.136
12 Nico Hulkenberg Force India Mercedes 1:27.185 1:26.241
13 Bruno Senna Williams Renault 1:26.851 1:26.331
14 Michael Schumacher Mercedes AMG 1:27.482 1:26.574
15 Daniel Ricciardo Toro Rosso Ferrari 1:27.006 1:26.777
16 Paul di Resta Force India Mercedes 1:27.462 1:26.989
17 Kamui Kobayashi Sauber Ferrari 1:27.517 1:27.219
 —————- ————— ———- ———- ———-
18 Jean-Eric Vergne Toro Rosso Ferrari 1:27.525
19 Vitaly Petrov Caterham Renault 1:28.756
20 Heikki Kovalainen Caterham Renault 1:29.500
21 Timo Glock Marussia Cosworth 1:29.613
22 Pedro de la Rosa HRT Cosworth 1:30.592
23 Narain Karthikeyan HRT Cosworth 1:30.593
24 Charles Pic Marussia Cosworth 1:30.662

GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 11月号 [雑誌] Ferrari F1 Calendar 2013 iPad(Retinaディスプレイモデル) 32GB Wi-Fiモデル ブラック MC706J/A

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月26日
by admin
0 comments

2012 Rd17インドGPフリー走行

2012 Rd17インドGPフリー走行

ベッテルとバトンが27秒台へ突入アロンソ、ハミルトン、ウェバーが接近

路面がきたかなったので序盤はほとんど走行がなかったが終盤にかけて一気にタイムアップしていった

メルセデスの2台も調子がいいようでニコが6番手でミハエル8番手

ニコは2戦続けてリタイヤしていたのでさて調子よく行けるか?

もう1台気になるのが、トロ・ロッソのリカルド、韓国で2台そろってポイントを獲得してきたことからもさて終盤くるのか?

ウィリアムズのボッタスは、いい仕事をしているようで、さてウィリアムズは、このままボッタスを昇格させるのだろうか?

【フリー走行1回目】
Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’27.619 22
2 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’27.929 0.310 22
3 5 Fernando Alonso Ferrari 1’28.044 0.425 24
4 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’28.046 0.427 25
5 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’28.175 0.556 22
6 8 Nico Rosberg Mercedes 1’28.447 0.828 25
7 6 Felipe Massa Ferrari 1’28.542 0.923 24
8 7 Michael Schumacher Mercedes 1’28.993 1.374 23
9 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’29.204 1.585 24
10 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’29.291 1.672 24
11 19 Valtteri Bottas Williams-Renault 1’29.691 2.072 26
12 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’29.760 2.141 23
13 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’29.802 2.183 18
14 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’29.850 2.231 19
15 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’29.895 2.276 19
16 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’30.041 2.422 26
17 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’30.401 2.782 23
18 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’30.630 3.011 24
19 20 Giedo van der Garde Caterham-Renault 1’30.896 3.277 20
20 15 Esteban Gutierrez Sauber-Ferrari 1’31.212 3.593 29
21 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’31.903 4.284 22
22 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’32.125 4.506 24
23 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’32.369 4.750 19
24 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’32.859 5.240 13

フリー走行2回目もベッテルがトップタイムでウェバーが僅差で続くも3番手以降一気に離されてしまう・・・

3番手のアロンソにしてもベッテルから0.6秒と1発ではついていけないタイム

ロングランでもあまり無理をしていないレッドブル勢の走りに各チーム予選、決勝どうするか?

フェラーリとしては、マッサが15番手とタイムが伸びていないので、決勝はアロンソのサポートをできるかが不安か?

マクラーレンは、ハミルトンが38周走行するもバトンが24周と少ないのがこちらも決勝気になるところか?

周回数で言えば可夢偉とキミが40周とロングランを行なっていた

特に可夢偉は、セッション初めからハードで20周走行していた、アタックラップはやっていたのかは不明なので予選どこまでタイムを上げてこれるのか?

地元GPで調子がいいフォースインディアとフリー走行2回目でもニコが4番手にいるメルセデスが予選と決勝でも目立つか?

【フリー走行2回目】
Pos. No. Driver Car Best lap Gap Laps
1 1 Sebastian Vettel Red Bull-Renault 1’26.221 35
2 2 Mark Webber Red Bull-Renault 1’26.339 0.118 33
3 5 Fernando Alonso Ferrari 1’26.820 0.599 34
4 8 Nico Rosberg Mercedes 1’27.022 0.801 38
5 9 Kimi Raikkonen Lotus-Renault 1’27.030 0.809 40
6 4 Lewis Hamilton McLaren-Mercedes 1’27.131 0.910 38
7 3 Jenson Button McLaren-Mercedes 1’27.182 0.961 24
8 12 Nico Hulkenberg Force India-Mercedes 1’27.233 1.012 37
9 10 Romain Grosjean Lotus-Renault 1’27.397 1.176 36
10 19 Bruno Senna Williams-Renault 1’27.738 1.517 36
11 11 Paul di Resta Force India-Mercedes 1’28.004 1.783 32
12 15 Sergio Perez Sauber-Ferrari 1’28.178 1.957 39
13 7 Michael Schumacher Mercedes 1’28.222 2.001 37
14 16 Daniel Ricciardo Toro Rosso-Ferrari 1’28.239 2.018 37
15 6 Felipe Massa Ferrari 1’28.296 2.075 23
16 14 Kamui Kobayashi Sauber-Ferrari 1’28.455 2.234 40
17 18 Pastor Maldonado Williams-Renault 1’28.596 2.375 38
18 17 Jean-Eric Vergne Toro Rosso-Ferrari 1’29.167 2.946 35
19 20 Heikki Kovalainen Caterham-Renault 1’29.320 3.099 43
20 21 Vitaly Petrov Caterham-Renault 1’29.606 3.385 22
21 22 Pedro de la Rosa HRT-Cosworth 1’30.950 4.729 37
22 24 Timo Glock Marussia-Cosworth 1’31.113 4.892 35
23 23 Narain Karthikeyan HRT-Cosworth 1’31.372 5.151 20
24 25 Charles Pic Marussia-Cosworth 1’31.493 5.272 31

GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 11月号 [雑誌] アイルトン・セナ F1カレンダー 2013(A.Senna)「Turn in」Photo by 熱田 護 Kindle Fire HD 16GB

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年10月26日
by admin
0 comments

フリー走行にグティエレスを登場させるザウバー

ザウバーはペレスの体調不良により

リザーブドライバーのグティエレスをフリー走行に登場させることを発表した

「ザウバーF1チームのレースドライバーであるセルジオ・ペレスが体調不良のため、ザウバーF1チームはインドGP初日に実施される初回フリー走行でリザーブドライバーのエステバン・グティエレスをマシンに乗せることにした。セルジオの早急な回復につながり、残りの週末は彼がドライブできるようになるはずだ」

とのことで

さて2013年ドライバー昇格と言われているグティエレスの走りは?

もっともメルセデスを追っているチームとしては複雑かもしれない・・・

GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 11月号 [雑誌] F1速報 グランプリ天国カレンダー LAP 2013(卓上タイプ) Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55v型 TH-L55WT5

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2012年9月13日
by admin
0 comments

ピレリが日本GP、韓国GP、インドGPのスペックを発表

ピレリが日本GPからの3戦の投入スペックを発表

Circuit 2012 Option 2012 Prime 2011 Option 2011 Prime
Melbourne Soft Medium Soft Hard
Sepang Medium Hard Soft Hard
Shanghai Soft Medium Soft Hard
Bahrain Soft Medium No race No race
Catalunya Soft Hard Soft Hard
Monte-Carlo Super-soft Soft Super-soft Soft
Montreal Super-soft Soft Super-soft Soft
Valencia Soft Medium Soft Medium
Silverstone Soft Hard Soft Hard
Hockenheimring Soft Medium No race No race
Hungaroring Soft Medium Super Soft Soft
Spa-Francorchamps Medium Hard Soft Medium
Monza Medium Hard Soft Medium
Singapore Super Soft Soft Super Soft Soft
Suzuka Soft Hard Soft Medium
Korea Super Soft Soft Super soft Soft
Buddh Soft Hard Soft Hard

日本GPにハードを持ってくるようだ

西コース改修で路面が舗装されたことからの投入か?

そうなると若干ソフトが・・・のような気もする

韓国とインドは2011年と同じスペックのようだが、ともにレースをしていないサーキットで2012年用のタイヤはレースにどういった影響を及ぼすか?

F-1速報PLUS (プラス) VOL.30 2012年 10/21号 [雑誌]

F1 (エフワン) 速報 2012年 9/27号 [雑誌] F1 Racing [UK] September 2012 (単号)

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年10月31日
by admin
0 comments

マッサがハミルトンとまた接触…

今シーズン何度目になるのか?

マッサとハミルトンの接触

今回のレース中接触では、マッサにドライブスルーのペナルティが下されたがこの裁定に対してマッサからは

「こんな形で初のインドGPを終えたことにはもちろん残念に思っているよ。
今日は表彰台だって夢じゃないペースで走っていたんだから。
ハミルトンが僕に突っ込んできたのはもう今年数えられないくらいあるよ。
今回だって僕は自身のラインを守って走っていただけだ。
だから(僕だけにペナルティを科した)スチュワードの判断には到底納得できない。
インドという国に責任はないけれど、今回の『インド旅行』のことはすべて忘れ去りたいね」

と不満爆発のコメント

だが、今回は残念ながらマッサもコーナーに入る直前ハミルトンの位置を確認していたので、スペースを空けるべきだったか?次のコーナーへの進入を考えるとラインを変えられなかった?との意味合いもあるか?

避けられたであろう接触だったとのスチュワードの判断になった

そのあとマッサは、予選と同じミスを犯してリタイヤしているので余計不満なのだろう…

MATTEL 1/18 Ferrari 150 ITARIA F.MASSA 2011 F1 GRAND PRIX 2011 Vol.2 Round.5-9 [DVD] F1モデリング vol.48

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年10月31日
by admin
0 comments

F1 2011 Rd17インドGP決勝

F1 2011 Rd17インドGP決勝

ベッテルが、ポール、ファステスト、全ラップリード、優勝と強さを見せつけた決勝だった

そしてフロントローからスタートしたウェバーだったが…

スタートは上手く行ったように感じたが、ストレート後のターン3でバトンにあっさり前に行かれ

終盤にはアロンソにもピットで逆転されて4位…最後にファステストを取りに行ったがベッテルに逆転とウェバーは厳しい状態これだと残りランキング2位を獲得するのは難しいかな

バトンは予選でハードを上手く使うことが出来ればもう少し戦えたのか?

7位に沈んだハミルトンは、お約束のマッサと接触、フロントウィングを破損しその後もペースが上がらずに終わってしまった。今回はマッサが閉めた形でマッサにペナルティが出たがこの2人残り2戦でもやらかしそうな予感がする

そしてペナルティを受けたマッサ、5番手から7番手に落ちた後に予選と同じミスを…

決勝では左側フロントを壊してリタイヤとこのままだとマッサ、2012シートを失う可能性もあるか?残り2戦で同じ様なことをやっているとまずそうだ

メルセデスは、5,6と実質4番手安泰か?

8位になったのはトロ・ロッソ、アルグエルスアリ

ブエミも同じようなペースで走れていたが、中盤にトラブル発生でリタイヤとポイント獲得のチャンスを逃してしまった

ただペレスが10位で9位スーティルとトロ・ロッソは、ポイント上でザウバーと並んでいよいよフォースインディアも残り2戦捕まえられそうな感じになってきた

そして可夢偉は…

スタート直後にバリチェロに押し出されて接触、通り過ぎていったバリチェロを避けてコースに戻ったところでグロックに追突されて終了…混戦を抜け出していた開幕戦が遠い過去のように感じるように流れが悪い

このままだとポイントを獲得したペレスにファーストドライバーの座を奪われる?

レース前にお祓いしたが、ザウバーの状況は相当苦しいか

あとは、彼女を換えるかだろうな

P No. Driver Nat. Car Tyre Lap GoalTime/Delay km/h /Retired Pit Best Lap-T
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 60 1:30:35.002 203.513 2 1:27.249
2 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 60 8.4 2 1:27.967
3 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 60 24.3 2 1:27.953
4 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 60 25.5 2 1:27.520
5 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 60 65.4 2 1:28.549
6 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 60 66.8 2 1:28.600
7 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 60 84.1 3 1:28.721
8 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 59 1L 2 1:29.239
9 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 59 1L 2 1:29.289
10 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 59 1L 2 1:29.345
11 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 59 1L 2 1:29.289
12 9 B.セナ BRA Renault PI 59 1L 2 1:29.310
13 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 59 1L 3 1:28.679
14 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 58 2L 2 1:30.294
15 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 58 2L 2 1:28.635
16 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 57 3L 2 1:31.990
17 22 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI 57 3L 2 1:31.988
18 23 D.リカルド AUT HRT Cosworth PI 57 3L 3 1:31.674
19 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 55 5L 3 1:31.691
6 F.マッサ BRA Ferrari PI 32 28L 3 1:30.243
18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 24 36L 1 1:30.956
12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 12 48L 1:33.573
24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 58L 2
16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI

マッサとハミルトンが接触したときの一コマ

Racing On(レーシングオン)カレンダー2012年 壁掛けタイプ
Racing On(レーシングオン)カレンダー2012年 壁掛けタイプ

F1モデリング vol.48 小林可夢偉 F1カレンダー 2012年(壁掛け用) F1速報 グランプリ天国カレンダーLAP 2012(卓上タイプ)

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading

2011年10月29日
by admin
0 comments

F1 2011 Rd17インドGP予選

F1 2011 Rd17インドGP予選

ベッテルが今シーズン13回目のポール獲得

ハミルトン、ウェバー、アロンソ、バトンも24秒台へ突入したが、2番手のハミルトンに対して0.3秒と強い

ハミルトンがフリー走行1回目でのペナルティがあるので決勝はレッドブルがフロントローからのスタートになる

ベッテルも残りのレースは、ウェバーがランキング2位になるように手助けするとのコメントがあるので、決勝ウェバーに譲るのでは?なんていうことも言われているが、ウェバーのここまでのスタートで遅れを見ていると…

バトンもアロンソから2位の座を死守したいが、ハードタイヤでの熱入れに苦労しているようでどうなる?

アロンソは、フリー走行3回目では、若干離された感じがあったが3番手からのスタートで決勝どうなるか?

気になるのはマッサが最後に縁石を超えるときに少し高くなっている部分で右フロントを壊してしまいクラッシュしたことで決勝レースペースは大丈夫か?

そしてココ数戦調子のいいトロ・ロッソがまたしてもQ3に2台進めてきた

フォースインディアとのランキング争いが白熱していきそうだ

ザウバーは、可夢偉がQ1落ち…

ペレスもペナルティがあるのでQ2進出してもアタックをまともに行わずニュータイヤ温存したが

さてザウバー2台は決勝レースペースがいいのか?それとも韓国と同じぐらい苦戦??

P No. Driver Nat. Car Tyre First Time Second Time Third Time Km/h / Behind Lap
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:26.218 1:24.657 1:24.178 219.178 16
2 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:26.563 1:25.019 1:24.474 18
3 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:26.473 1:25.282 1:24.508 17
4 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:26.774 1:25.158 1:24.519 19
5 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:26.225 1:25.299 1:24.950 20
6 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:27.012 1:25.522 1:25.122 18
7 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:26.364 1:25.555 1:25.451 19
8 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:26.271 1:26.140 19
9 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:26.608 1:26.161 19
10 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:26.557 1:26.319 19
11 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:26.189 1:26.319 20
12 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:26.790 1:26.337 17
13 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:26.864 1:26.503 15
14 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:26.829 1:26.537 18
15 9 B.セナ BRA Renault PI 1:26.766 1:26.651 16
16 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:27.479 1:27.247 17
17 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:27.249 1:27.562 10
18 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:27.876 6
19 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:28.565 13
20 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:28.752 13
21 23 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:30.216 11
22 22 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI 1:30.238 11
23 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:30.866 14
24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:34.046 3

LOTUS RENAULT F1 GP TEAM 2011 1:2レプリカヘルメット(ペトロフ)「特別奉仕価格」 Schuberth 1:2 2011 ミハエル・シューマッハレプリカヘルメット Red Bull F1 Team S.ベッテル1/2ミニチュアヘルメット(2010年モデル)「訳あり特価」

MATTEL 1/18 Ferrari 150 ITARIA F.MASSA 2011

Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on ne … Continue reading