MotorSports

モータースポーツサイト

F1 2011Rd2マレーシアGP決勝

| 0 comments

F1 Rd2マレーシアGP決勝

雨と予想されて今シーズン初のウェットタイヤ導入か?と思われた決勝だったが

結局雨は中盤に若干降ったほどで、ドライタイヤのままの走行となった

ベッテルが開幕2連勝!

スタートを無難に決めたベッテルが後続を引き離して一人旅

KERSは予選では使用したが、決勝では使っていたのだろうか?ウェバーは、使っていなかったのでさてまだ何か不具合があるか?それでもKERSなしで勝ったのならまだまだ他チームはベッテルには追いつけないのか?

2番手にはバトン

スタートで出遅れた感はあったがピットストップでハミルトンを逆転して2位表彰台

3位はルノーのニック、スタート直後に一気に前に出て表彰台獲得

ルノーはこれで2戦続けての表彰台獲得、スタートシステムは日産からのものなので、レッドブルも今後このシステムを使用していくのだろうか?

4番手はウェバー、スタートで大幅に出遅れ序盤可夢偉とバトルしていたがそれよりも4回ピットに入らなければならない状況は今後も厳しいか?

途中までいい走りをしていたペトロフは、終盤にコースオフ、戻ってくるときに大きくジャンプしてしまいコントロール不能になりそのままリタイヤ、せっかく連続ポイント獲得目の前だったのにもったいない

そして8位に可夢偉、序盤はウェバー、ミハエルと争い、中盤から終盤にかけてはペトロフとの争いで8位入賞を果たした

今後もこのままのペースで行けば、レッドブル、マクラーレン、フェラーリ、ルノーに続いてメルセデスと争ってポイントを獲得していけそうだ

あとは可夢偉が8位で4ポイント獲得したことで日本GPに親子4組の招待応募ができるのか

そしてポイントを獲得したデ・レスタ中盤8位走行していたことを考えると、手ごわいドライバーになりそうか?

P No. Driver Nat. Car Tyre Lap GoalTime/Delay km/h /Retired Pit Best Lap-T
1 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 56 1:37:39.832 190.699 3 1:41.539
2 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 56 3.2 3 1:41.264
3 9 N.ハイドフェルド GER Renault PI 56 25.0 3 1:41.547
4 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 56 26.3 4 1:40.571
5 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 56 36.9 3 1:41.999
6 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 56 37.2(+20) 4 1:40.717
7 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 56 49.9(+20) 4 1:41.512
8 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 56 66.4 2 1:42.095
9 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 56 84.8 3 1:42.491
10 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 56 91.5 3 1:42.883
11 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 54 2L 3 1:42.973
12 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 55 1L 3 1:41.778
13 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 55 1L 3 1:42.659
14 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 55 1L 2 1:43.744
15 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 55 1L 2 1:43.677
16 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 54 2L 2 1:45.357
17 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 52 4L 3 1:41.054
23 V.リウッツィ ITA HRT Cosworth PI 45 10L 4 1:46.521
25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 42 14L 2 1:45.346
21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 30 25L 2 1:45.280
17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 23 33L 1 1:43.298
11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 21 34L 3 1:45.516
22 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI 14 42L 1:49.385
12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 7 48L 1 1:45.689

アロンソとハミルトンの接触がペナルティとなり+20秒が加算されて
ハミルトンが8位

可夢偉が7位になったとのこと

The text of the stewards’ decisions are as follows:

Facts: The Driver of car 3 made more than one change of direction to defend a position
Offence: Breach of Article 20.2 of the 2011 FIA Formula One Sporting Regulations
Penalty: Drive through penalty, imposed after the race in accordance with Article 16.3 (20 seconds added to elapsed time).
Stewards’ decision 51 (Lewis Hamilton)

Fact: Caused a collision with car 3.
Offence: Involved in an incident as defined by Article 16.1 of the 2011 FIA Formula One Sporting Regulations
Penalty: Drive through penalty, imposed after the race in accordance with Article 16.3 (20 seconds added to elapsed time).
Stewards’ decision 52 (Fernando Alonso)

F1 (エフワン) 速報

2011年 3/31号 [雑誌]
F1 (エフワン) 速報 2011年 3/31号 [雑誌]

可夢偉が、

右京に!
可夢偉が、右京に!

SPARK 1/43 Sauber C29

No23 Japan GP 2010

Kamui Kobayashi
SPARK 1/43 Sauber C29 No23 Japan GP 2010 Kamui Kobayashi

コメントを残す

Required fields are marked *.