MotorSports

モータースポーツサイト

SuperGT第2戦富士決勝はSC勢が1-4独占へ

| 0 comments

予選で久しぶりにポールを獲得したトムス

決勝では、同じSC勢のサード、ZENT、エネオスからの追撃をなんとかしのぎきって勝利

一貴は富士でGT500での初ポールと初優勝を果たした

第2戦はスタート直後から

17号車のケーヒンが接触マシンフロント部分を大破させて数周後にリタイヤ

トップ争いをしてくると思われた23号車のモチュールもトラブルでそうそうにリタイヤ

これで開幕戦の岡山では全くレースができなかったSC勢だけの争いになった

SC勢でそれほど争いはないと思ったが、最後まで争ってくれたのはよかった

GT300はGT500以上にいろいろとあって

序盤にポールスタートのBRZがトラブルでリタイヤ

そのあとは、接触やタイヤのパンクで順位が入れ替わっていった

ただ、スタート直後にトップにたった16号車のCR-Zが終盤まで圧倒的なリードを保ってハイブリッドマシン対決で先にCR-Zが勝つか?と思っていたら

最後にタイヤカスを拾って緊急ピットイン、2番手にいたプリウスが最後に逆転して初優勝を果たした

プリウスも序盤にスピンしたのに知らぬ間に2番手まで上がってきての優勝は恐れ入った

Toyotaのお膝元でToyota勢が圧倒したが、次のセパンではどんな闘いになるのだろうか?

2013スーパーGT公式ガイドブック 2013年 5/27号 [雑誌] オートスポーツ 2013年 5/10号 [雑誌] ソニー Xperia Tablet Z WiFi SGP312 メモリ32GB ホワイト

コメントを残す

Required fields are marked *.