MotorSports

モータースポーツサイト

ピレリタイヤ2014年以降も供給をしたい考えを示す

| 0 comments

2011年からタイヤを供給して各チームの頭を悩ませているピレリ

2012年はさらに混乱させるタイヤを投入しているが

2013年で契約が切れることに対して

ピレリからは

「2014年以降の契約については来年の6月がタイムリミットとされていてまだ1年の猶予があるが、われわれはさらにF1に貢献し続けるつものだ。最終的には経済動向なども踏まえて会社の理事会が決定することになるがF1にタイヤを供給することによるメリットが評価されるものと思う」

「われわれはグローバル企業であり、勢力は世界中に及んでいる。ヨーロッパだけでなく多数の市場動向に影響を受ける。F1はユニークなブランドで、われわれにとって重要な新興成長市場にも手を広げている」

とコメント

しかし各チームは、ピレリタイヤに頭を悩まされていることからもさてどうなのだろうか?

もしくはミシュランがまた参戦を考えているのだろうか?

まさかより混乱させるためにクムホが・・・

オートスポーツ 2012年 7/5号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 07月号 [雑誌] ASUS UX31Eシリーズ 13.3型液晶 SSD256GB シルバー UX31E-RY256

コメントを残す

Required fields are marked *.