MotorSports

モータースポーツサイト

2012 Rd07カナダGP決勝

| 0 comments

2012 Rd07カナダGP決勝

7人目の優勝者にハミルトンが来た

1回目のピットストップでベッテルを抜いたあと

ベッテルとアロンソがピットアウト後にタイヤの温めを苦戦しているなか、ハミルトンが一気にペースを上げて

すぐに3秒ほどのマージを保ちつつ

最後はアロンソ、ベッテルがタイヤのライフを間違えて自滅

アロンソは残り7,8周までトップだったがピットインのタイミングを逃して5位

ベッテルはハミルトンに抜かれたあとすぐにピットインしたが、1ストップだったグロージャンとペレスに先行されて4位と

予選まで好調だったアロンソとベッテルは痛い決勝になった

これでランキングでもハミルトンが2ポイント差でリーダーに

フェラーリとしては、ハミルトンがピットアウト後すぐに最速タイムを出してきたときに入れておけば被害は少なかったように思える

逆に1ストップでうまくやったのがグロージャンとペレス

グロージャンは予選で少し前にいたのでニコやウェバーに比べてよかったのだろう

ロータスはしっかりと金曜土曜でロングランを行なってデータをとっていた結果かもしれない

ペレスは…スタート時のタイヤ選択とピットアウト後のめぐり合わせがよかったのだろうと想いたい…

ザウバーは2台同じ戦略をとってこないことから可夢偉は11番手スタートだったが、SSでスタート

そしてピットアウト後にペースの遅いディレスタの後に捕まって

タイムロス、上位が17秒台で走行しているなか18秒台中盤での走行は辛かった

タイヤのタレがそれほど大きくなかったので1ストップの場合は、Sスタートだったか

調子が上がってきたけどマッサは結局10位と予選までの好調を維持できず

カナダGPは、スタートから乗れていなかったバトンは結局16位と…しかも1人だけ3ストップをしていたのか

ベルニュも3回ピットインしているが1回はペナルティ消化と言うことで

バトンは去年勝っていたのにここ数戦低迷している、復活してこれるのか?

あと、ミハエルがDRSの不具合によりリタイヤこちらも苦しい状況が続いているようだ

次はヨーロッパGP、またしても公道レースだが、誰がくるか?

Pos. Driver Team Gap Pit
01 Lewis Hamilton McLaren Mercedes 70 laps – 1h32m29.586s 2
02 Romain Grosjean Lotus Renault +2.513 1
03 Sergio Perez Sauber Ferrari +5.260 1
04 Sebastian Vettel Red Bull Renault +7.295 2
05 Fernando Alonso Ferrari +13.411 1
06 Nico Rosberg Mercedes AMG +13.842 2
07 Mark Webber Red Bull Renault +15.085 2
08 Kimi Raikkonen Lotus Renault +15.567 1
09 Kamui Kobayashi Sauber Ferrari +24.432 1
10 Felipe Massa Ferrari +25.272 2
11 Paul di Resta Force India Mercedes +37.693 2
12 Nico Hulkenberg Force India Mercedes +46.236 2
13 Pastor Maldonado Williams Renault +47.052 1
14 Daniel Ricciardo Toro Rosso Ferrari +64.475 2
15 Jean-Eric Vergne Toro Rosso Ferrari +1 lap 3
16 Jenson Button McLaren Mercedes +1 lap 3
17 Bruno Senna Williams Renault +1 lap 1
18 Heikki Kovalainen Caterham Renault +1 lap 2
19 Vitaly Petrov Caterham Renault +1 lap 2
20 Charles Pic Marussia Cosworth +3 laps 1
21 Timo Glock Marussia Cosworth DNF 2
22 Michael Schumacher Mercedes AMG DNF 3
23 Pedro de la Rosa HRT Cosworth DNF 1
24 Narain Karthikeyan HRT Cosworth DNF 0

小林可夢偉 レース後・会見全録【カナダGP(日)】

Canadian Grand Prix lap times

Canadian Grand Prix tyre strategies

Canadian Grand Prix lap chart

F1 Racing [UK] June 2012 (単号) F-1速報PLUS (プラス) VOL.26 2012年 6/21号 [雑誌] Panasonic VIERA スマートビエラ 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 42v型 TH-L42DT5

コメントを残す

Required fields are marked *.