MotorSports

モータースポーツサイト

Indycarロータスエンジン陣営から2チーム離脱へ

| 0 comments

Indycarは2012シーズンからシャシーとエンジンが両方変更されて

エンジンがHonda、シボレー、ロータスの3メーカーから供給されているが

第4戦のブラジル・サンパウロからロータスエンジンを使っているうち2チームが離脱することが発表されたようだ

Lotus releases two teams to strengthen its core

離脱するのは

ブライアン・ハータ・オートスポーツとドレイヤー&レインボールド

今回の契約終了は

ロータスは、エンジン供給については契約を実行したものの、事前のテスト不足から信頼性の問題があることを認めている。ロータスは外部のサポートと追加資金を提供して、HVMとドラゴンとの連携により体勢を立て直すとしている。ロータスのモータースポーツ・ディレクター、クラウデォ・ベロは「インディカーにおけるロータスは、巨人ダビデ(シボレーとホンダ)に対するゴリアテのようなものだ」と語る。「われわれは常に少数の顧客用のニッチなイギリスのスポーツカーメーカーだ。とはいえ、インディカーシリーズへの参戦は、ブランドの持つ高いレースへの野望を満たし、慎重に検討されたシリーズへの参加を喜んでいる。インディカー・コミュニティでの期待が実現されるであろうことを保証する」

とのこと

ただし第5選のインディ500にはほかのエンジンが供給されるように支援するとのことだが

シーズン途中にエンジン変更とは…

今のところシボレー勢のほうが有利にシーズンを進めているようなのでシボレーエンジンを手に入れたいだろうな

GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2012年 05月号 [雑誌] オートスポーツ 2012年 5/10号 [雑誌] SONY BRAVIA 55V型 LED 液晶テレビ 3D対応 ブラビア HX850 KDL-55HX850

コメントを残す

Required fields are marked *.