MotorSports

モータースポーツサイト

Toyotaがル・マン参戦ドライバーを発表した

| 0 comments

2012年から世界耐久選手権に参戦するToyota

車体をTMGで準備し、レース運営をオレカに任せるとの発表はあったが

ついに3人のドライバーを発表

アレックス・ブルツ: 37歳、オーストリア(http://twitter.com/#!/alex_wurz)

ニコラス・ラピエール: 27歳、フランス(http://twitter.com/#!/Nico_Lapierre)

中嶋 一貴: 26歳、日本(http://twitter.com/#!/kazuki_info)

の3人

ブルツといえば、ベネトン、マクラーレン、ウィリアムズ、ホンダと渡り歩いて

プジョーでル・マン24優勝を経験

F1後はプジョーとともに戦ってきたが、Toyotaとともに戦うようだ

ラピエールは、GP2で一貴と戦っていたのを思い出した

F1には上がれなかったが、オレカで戦ってきて

今年のセブリングでデュバルやパニスとともに優勝したからな、がんばってほしい

そして一貴は、F1で2年戦ったが、シートをなくして今年はFNとSuperGTに参戦

SuperGTでは苦戦したが、FNでは選手権2位と全戦表彰台(1回はおまけみたいだが)結果を残したということで再度ヨーロッパで戦うことになる

一応本人はアンドレが今年やったようにFNとSuperGT参戦継続を考えている

大丈夫か?

確かSuperGTのセパンと日程重なっていると思ったが…

2012年スーパーGT カレンダー(10月25日発表)
第3戦 6/9-10 セパン・インターナショナル・サーキット

2012年ル・マン24
6/16.17が決勝レース

ってことでル・マン24の場合は1週間前からいろいろとイベントがあるから、セパンは無理だろうな

アンドレもTOM’Sに残った場合は、TOM’Sはセパンどうするんだろう?

そこはTOM’Sが考えるだろうからほかって置こう

さてこれでToyotaのル・マン体制は整った

初回テストはどんな様子になるか楽しみだ

Williams Formula One Team 中嶋一貴 ル・マンに挑んだ日本車 (ル・マン24時間 1990・1992・1993) [DVD] 1990 ル・マン24時間 ル・マンに挑んだ日本車/日産、ジャガー頂上決戦 [DVD]

コメントを残す

Required fields are marked *.