MotorSports

モータースポーツサイト

F1 2011 Rd14シンガポールGPフリー走行1回目

| 0 comments

F1 2011 Rd14シンガポールGPフリー走行1回目が終了した

いきなり縁石に不具合が発生したことで30分短縮し

60分のフリー走行になった

トップはハミルトンが48秒台へ

ベッテルとウェバーが続くも結構なタイム差

1回目でホコリもすごく短縮されたことでのタイムなのであまり関係ないだろう

途中ウェバーとグロックが接触、ウェバーはフロントウィングを破損、グロックはパンクさせられてしまった

あとはコバライネンのフロントブレーキから出火、今回はマーシャルに消火されていたが、ここでは良く燃えるコバライネン

そしてカーティケヤンもインドグランプリに向けて久しぶりに走行したようだ

P No. Driver Nat. Car Tyre Best-LapT Km/h / Behind Lap
1 3 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes PI 1:48.599 168.167 10
2 1 S.ベッテル GER Red Bull Renault PI 1:49.005 0.406 15
3 2 M.ウェバー AUS Red Bull Renault PI 1:50.066 1.467 16
4 5 F.アロンソ ESP Ferrari PI 1:50.596 1.997 11
5 4 J.バトン GBR McLaren Mercedes PI 1:50.952 2.353 12
6 6 F.マッサ BRA Ferrari PI 1:52.043 3.444 14
7 14 A.スーティル GER Force India Mercedes PI 1:52.251 3.652 13
8 7 M.シューマッハ GER Mercedes PI 1:52.416 3.817 12
9 15 P.ディ・レスタ GBR Force India Mercedes PI 1:52.435 3.836 13
10 8 N.ロズベルグ GER Mercedes PI 1:52.815 4.216 13
11 11 R.バリチェッロ BRA Williams Cosworth PI 1:52.991 4.392 17
12 19 J.アルグエルスアリ ESP Toro Rosso Ferrari PI 1:53.050 4.451 17
13 12 P.マルドナド VEN Williams Cosworth PI 1:53.399 4.800 18
14 17 S.ペレス MEX Sauber Ferrari PI 1:53.703 5.104 19
15 16 小林 可夢偉 JPN Sauber Ferrari PI 1:53.749 5.150 12
16 9 B.セナ BRA Renault PI 1:53.765 5.166 17
17 18 S.ブエミ SUI Toro Rosso Ferrari PI 1:53.785 5.186 16
18 10 V.ペトロフ RUS Renault PI 1:54.736 6.137 8
19 21 J.トゥルーリ ITA Lotus Renault PI 1:54.821 6.222 9
20 20 H.コバライネン FIN Lotus Renault PI 1:56.198 7.599 8
21 25 J.ダンブロシオ BEL Virgin Cosworth PI 1:57.798 9.199 13
22 24 T.グロック GER Virgin Cosworth PI 1:58.792 10.193 6
23 22 D.リチャルド AUT HRT Cosworth PI 1:59.169 10.570 17
24 23 N.カーティケヤン IND HRT Cosworth PI 1:59.214 10.615 18

Fー1速報PLUS(プラス) vol.20 2011年 10/22号 [雑誌] GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2011年 10月号 [雑誌] McLaren Mercedes F1 TEAM 1/2 レプリカヘルメット J.バトン 2011「特別限定奉仕価格」

コメントを残す

Required fields are marked *.